スクワイヤ・パットン・ボッグス

スクワイヤ・パットン・ボッグス(Squire Patton Boggs)は、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジア、豪州地域に拠点を持つ国際的な法律事務所。人員数で世界25大法律事務所の1社となる。[1] 東京オフィスの名称はスクワイヤ外国法共同事業法律事務所

スクワイヤ・パットン・ボッグス
Squire Patton Boggs
種類
スイス法のVerein
設立 1890年
本社
拠点数
44
主要人物
James J. Maiwurm
ウェブサイト スクワイヤ外国法共同事業法律事務所

沿革編集

  • 1890年 前身事務所Squire, Sanders & Dempsey設立。
  • 1955年 太平洋地域における前身事務所グラハム&ジェイムスが初代東京オフィスを設置。
  • 1987年 弁護士法の改正を受けて、グラハム&ジェイムスが外国法事務弁護士事務所を設置。
  • 2000年 グラハム&ジェイムスがスクワイヤ・サンダースと統合。
  • 2010年6月 東京オフィスが知的財産専門の三木・吉田法律特許事務所と統合。
  • 2014年5月 スクワイヤ・サンダースがワシントンD.C.の大手法律事務所パットン・ボッグスと合併。
  • 2014年7月 東京オフィスが間宮総合法律事務所と統合。[2]

関連人物編集

脚注編集

外部リンク編集