スコテ

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

スコテ(英語:Succoth)は、旧約聖書に登場するガド族の町の名前である。「小屋」を意味するヘブル語が語源である。ヤコブが兄エサウとの会見の後に宿営した場所であり、家畜のために小屋を造ったことに由来する。

ヨルダン川の東で、ヤボク川の北岸にあり、ペヌエルの西8kmにある。

歴史編集

士師時代のミデヤン人との戦いで、ミデヤン軍を打ち破りヨルダン川を渡河したギデオン軍が兵糧の提供を要請したが、スコテの住民は、ペヌエルの住民と共に拒否した。後に、ギデオンから懲罰を受ける。

現在のテル・デイル・アラがこのスコテの跡であると言われている。

参考文献編集