スコープ・ステートメント

スコープ・ステートメント (: scope statements) またはスコープ記述書は、プロジェクトの成果物を詳述し、主な目的を説明する。スコープ・ステートメントは、実装するプロジェクトの種類と組織の性質に応じて、さまざまな形式をとる。目標には、プロジェクトの測定可能な成功基準を含める必要がある[要出典]

概要編集

スコープ・ステートメントは、作業範囲記述書 (SOW)を作成する前に記述し、プロジェクトの成果物となる製品の内容を非常に広い意味で把握する必要がある。たとえば、「ソフトウェアの注文を把握、追跡するためのソフトウェアベースのシステムの開発」など。スコープ・ステートメントには、製品を使用するユーザーのリストと、実装する製品の機能内容も含める必要がある[1]

内容編集

スコープ・ステートメントには、最低次のものが含まれている必要がある[要出典]

よりプロジェクト指向の組織では、スコープ・ステートメントに以下も含めることがある[要出典]

  • プロジェクトスコープ管理計画
  • 承認された変更要求
  • プロジェクトの仮定とリスク
  • プロジェクトの受け入れ基準

プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、スコープ・ステートメントに以下のものを含めるよう定義している[2]。これらは先ほどスコープ・ステートメントに最低限含めるべきものとしたものの一部である。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Nielsen, David (date unknown). How to Write the Project Statement of Work (SOW). Retrieved on 2010-03-22 from http://www.pmhut.com/how-to-write-the-project-statement-of-work-sow.
  2. ^ A Guide to the Project Management Body of Knowledge, 5th Edition ISBN 978-1935589679, p. 131.