メインメニューを開く

スタンダール・シンドローム (映画)

スタンダール・シンドローム』(原題:The Stendhal Syndrome / La Sindrome di Stendhal)は、1996年制作のイタリア映画

スタンダール・シンドローム
The Stendhal Syndrome / La Sindrome di Stendhal
監督 ダリオ・アルジェント
脚本 ダリオ・アルジェント
原案 ダリオ・アルジェント
フランコ・フェリーニ
原作 グラツィエラ・マゲリーニ
製作 ダリオ・アルジェント
ジュゼッペ・コロンボ
出演者 アーシア・アルジェント
トーマス・クレッチマン
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 アンジェロ・ニコリーニ
製作会社 チネ2000=メデューサ・フィルム
配給 日本の旗 ギャガ=SHOOTシネマ企画
公開 イタリアの旗 1996年1月26日
日本の旗 1996年6月15日
上映時間 118分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 $3,800,000[1]
興行収入 イタリアの旗 ₤5,443,000,000
テンプレートを表示

スタンダール・シンドロームをモチーフにしたスリラー映画で、イタリア本国では『セブン』を上回る大ヒットとなった[2]。また、イタリア映画で初めてComputer Generated Imagery(CGI)が使用された作品である[3]

ダリオ・アルジェント監督が自分の娘アーシア・アルジェントを主演にして撮った4作品の2作目(ほかは『トラウマ/鮮血の叫び』、『オペラ座の怪人』、『サスペリア・テルザ 最後の魔女』)。

目次

あらすじ編集

連続猟奇レイプ犯を追う若い女刑事アンナは、情報提供者から呼び出されて、フィレンツェウフィツィ美術館のある名画の前で待っていたが、やがて絵の中に吸い込まれた気分になって失神するという“スタンダール・シンドローム”に襲われた。

アンナは1人の若い男に助け起こされるが、その男こそ自分が追っている連続猟奇レイプ犯・アルフレードであった。アルフレードはホテルでアンナをレイプしたうえ、彼女の目の前で娼婦を惨殺して逃亡した。

アンナは休養を命じられ、故郷に帰って静養する事になったが、ある夜、アンナはまたアルフレードに襲われた。だが、彼女はすきを見て反撃し、アルフレードに重傷を負わせて激流に蹴り落とした。しかし、彼の体は下流の迷路状の水路に入り込み、発見されなかった。

アンナは再びフィレンツェに戻り、医師のカウンセリングを受けながら生活するが、ある日、アンナと親しくしていたマリーが殺され、アンナは再びアルフレードの影におびえるようになる…。

キャスト編集

  • アンナ・マンニ:アーシア・アルジェント
  • アルフレード・グロッシ:トーマス・クレッチマン
  • マルコ・ロンギ:マルコ・レオナルディ
  • マネッティ警部:ルイジ・ディベルティ
  • カヴァンナ医師:パオロ・ボナチェリ
  • マリー:ジュリアン・ランブロスキーニ
  • アンナの父親:ジョン・クエンティン

脚注編集

  1. ^ Sutandâru shindorômu (1996) - Box office / business
  2. ^ 日本版ビデオ・パッケージの記述より。
  3. ^ The Stendhal Syndrome”. Internet Movie Database. 2012年8月3日閲覧。

外部リンク編集