メインメニューを開く
ステンシル体で描かれた「消火器具格納箱」の文字
ステンシル体で描かれた「消火器具格納箱」の文字
ステンシル体で描かれた様々な言語の文字

ステンシル体 (すてんしるたい) は、ステンシルテンプレートを使った文字転写に使われている書体である。元々はステンシルテンプレートの制限から生まれた書体であったが、活字化され、コンピューターにも搭載されている。

ステンシル体は ISO/IEC 9541-1 (JIS X 4161) において、オーナメント・クラスの中のステンシル・サブクラスとして定義されている[1]

欧文ステンシル体フォント編集

  • Stencil英語版[1] - 1937年に登場したステンシル書体。Microsoft Officeにも搭載されている[2]
  • Fakt Slab Stencil - Macに搭載されている[3]ステンシル体フォント。

日本語ステンシル体フォント編集

  • 写研
  • ダイナフォント
    • POPステンシル
  • モトヤ
    • モトヤステンシルアポロ[4]
  • フォントグラフィック (カフェ「ザグリ」)
    • FGゼロラバウル
  • フロップデザイン
    • 装甲明朝

主な採用例編集

関連項目編集

  • 丸ゴシック#重ね丸ゴシック体 - モリサワ製の重ね丸ゴシック体に「アローRステンシル」というものがあり、ISO/IEC 9541-1ではこれもステンシル体と見做している[1]

出典編集

外部リンク編集