ストラホフ修道院

座標: 北緯50度05分10秒 東経14度23分24秒 / 北緯50.086度 東経14.390度 / 50.086; 14.390

ストラホフ修道院(Strahov Monastery)は、チェコプラハ・ストラホフにある修道院である。プラハのヨハネ司教であるジンドリック・ズディクとボヘミア公爵ヴラジスラフ2世によって1143年に創設されたプレモントレ修道会の修道院である[1]。「ストラホフ修道院図書館」という、非常に豪華で美しい広大な図書館があることで有名である。

ゥーヴォス通りから見たストラホフ修道院の展望
ストラホフ修道院図書館

歴史編集

修道院の創設編集

オロモウツの司教であったジンドリック・ズディクは、1138年聖地への巡礼の旅から帰ってプラハにも律修司祭のいる修道院を創設したいとの思いに至った。そこで彼は、プラハの司教とボヘミア公ソビェスラフ1世の支援を受けることにした。ソビェスラフ1世の死去の後は、ヴラジスラフ2世が引き続き支援を与えた。ズディクは、1140年ストラホフという地でチェコ人の律修司祭を得ようとしたが失敗し、ライン渓谷のシュタインフェルト(今日のドイツ)のプレモントレ修道会に招聘状を送り、そこから最初の代表団がやってきた。 修道士たちは、まずストラホフであらゆる宗教的な行事の中心となるロマネスク建築の会堂を備えた修道院をまず木材で建築し始めた。建物は直に完成し、暫定的な木造の居住区を恒久的な石材で置き換えるべく、修道院の石材での建設工事は続いていった。

暫定的な木造の居住区を恒久的な石に置き換えるために、建物は徐々に完成し、修道院の石造りの建物の建設が続けられました。1258年、修道院は火事で甚大な被害を受け、その後修復された。


フス戦争の間編集

修道院は、フス派の時代までは平穏にこの地にあったが、1419年にプラハ窓外放出事件を契機としてフス戦争が始まると、修道院は、1420年には、プラハの市民により攻撃され、略奪を受けた。本、礼拝用の備品、教会と修道院の両方の備品が焼き討ちにあった。建築学的には多大な被害はなかったものの、修道院の復旧には長い時間を必要とした。

フス戦争の時期、イジー・ス・ポジェブラトの治世下、そして16世紀末まで、ストラホフはほとんど瀕死の状態にあった。さまざまな当局者によって元の修道院とその宗教的生活を復興しようとする試みがなされたが、不首尾に終わった。 転機が訪れたのは、修道院長にヨーハン・ローヘル(ヤン・ロヘリウス)が着任してからであった。もともとテプラ修道院のこの聖職者は、1586年にストラホフの修道院長になり、ストラホフの復興に彼の全力を傾倒した。 彼は修道院の精神的な生活の高揚を目指し、そして、ローマ・カトリックの公式訪問者として、ボヘミアのプレモントレ修道会全体の巡礼者として、彼は物事の物質的な側面にも注意を向けた。彼は教会を再建し、修道院の建物を復興し、典礼を確立し、新しい寮と食堂を建設し、修道院の庭を新しく設計した。彼は修道院の重要な基盤を構築するために修道院の土地の多くを取り戻し、施設の維持とさらなる発展のための資金も提供した。彼のたゆまぬ活動のおかげで、1594年までに(ローベルの任命からわずか8年後)、12人の僧侶のコミュニティが再び修道院に住むことができるようになった。

三十年戦争の間編集

 
聖母マリア被昇天大聖堂は、修道院の中心にある回廊教会である

1612年、ヨハン・ローヘルはプラハの大司教に就任した。彼のストラホフでの仕事は、その後、新しい大修道院長、カシュパル・クエストンベルクによって引き継がれた。 彼はローヘルによって始められた高価な仕事を続け、プレラチュアの再建を完了させた。聖エリザベート病院と薬局が中庭に設立され、修道院の醸造所も建設された。更に彼は、プラハの新街区にノルバティーン神学校を設立した。教団のメンバーの神学研究の場として設けられたものである。 これはすべてが、三十年戦争の間に達成された。当時、カシュパル・クエストエンベルク自身は、暴力によってプラハから逃げることを余儀なくされた。彼の建築活動によって発生した費用の財務勘定は約10万トラールに達した。当時はどんな建築工事にとっても非常に相当多額な金額でした。この点で、カシュパル・クエストエンベルの出費は、彼の同時代人、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの軍税並だったと言ってもいい。 プレモントレ修道会の歴史の中で最大の出来事の1つは、クサンテンのノルベルト(英語版)の遺骨の移転であった。彼はマグデブルクの出身でこの修道会の創設者でもあった。 教会は再建されて西に拡張されました。クヴェステンベルクの最大の偉業の1つは、プレモントレ修道会の創設者である聖ノルベルトの遺物の、マクデブルクからストラホフへの移動を監督することだった。遺骨の再埋葬は、クヴェステンベルク監督の下、の修道院で行われた。これは1627年のことで、それ以来、聖人の創設者の遺骨が修道院の教会に安置されている。 クヴェステンベルクの時代に、聖ロクス教会の建築も完成した。もともとは、1599年のペストの終焉への感謝の表明として、1602年に神聖ローマ皇帝ルドルフ2世によって建設が開始されたヴォティーフ(奉納、願掛けの)教会であった。数々の運命の変転の後、内装も含めて教会が完成したのは、1630年のことである。 カシュパル・クエストエンベルクは、1640年に亡くなり、その後継者クリシュピン・フクは、クエストエンベルクの仕事を引き継いだ。更に彼は、ヴルタヴァ川の「ネポムクのヨハネ(聖人ヤン・ネポムツキー)[2]の早瀬[3]」と呼ばれる (Svatojánské proudy)急流の箇所を通行可能にしたことでも知られている。1949年から55年にかけて、聖ヤンの早瀬の5km以来上流に、スラピー(Slapy)貯水湖を建設し常時川の水量を調節できるようにした[4]三十年戦争の時期、この戦争の終結間際に修道院は、スウェーデン帝国により略奪を恣にされた。教会と図書館はこれにより荒廃した。スウェーデン軍が去った後、クリュピン・フクは、損傷した修道院を再び修理した。彼の仕事はその後の修道院長たちのアメルクセン、スーター、フランクによって続けられた。最後に挙げられた院長は、プラハのバロック様式の要塞の建設中にカシュパル・クエストエンベルクによって建てられた元の聖エリザベート病院が取り壊されたため、中庭を再建し、新しい聖エリザベス病院が建てた。

神学の間編集

1670年、哲学者で神学者のジェロニーム・ヒルンハイムがストラホフの修道院長に就任した。彼の最大の仕事は、今日まで残っており、1679年に完成した、いわゆる神学の間(Teologickýsál)に新しい図書館を建設することであった。 17世紀から18世紀初頭にかけて、他の修道院長が修道院の再建を継続した。彼らはまた教会のことにも気を配り、教会はこれらの期間中、幾度も修理され装飾された。修道院は、オーストリア継承戦争中の1742年、フランスとバイエルンの軍勢がプラハ包囲戦でプラハを砲撃するという暴虐の後、かなりの再建工事を余儀なくされた。その後、修道院長は新たに再建活動を組織し、その過程の中で教会は修道院エリアとともに再建されました。

1950年以降、図書館は国立文学記念館に組み込まれました。1989年11月のビロード革命の事件の後、図書館は修道院とともに、プレモントレ修道会に返還された。図書室には閲覧室もある[5]。ストラホフ図書館には、特別な保管庫に保管されている3,000を超える写本と、1,500を超える最初の版画を含む、200,000を超える巻が含まれている。

哲学の間編集

 
モラビア南部のルーカ修道院(1784年に廃止になった)から来た本のために作られた哲学の間

1779年に修道院長に就任した ヴァルカフ・マヤールは、修道院の建設活動の最後のおお仕事を担当した。彼の仕事の中でとりわけ傑出しているが、現在、古典的なスタイルになっている新しい図書館の建設である[6]。 この図書館は、今では哲学の間(Filosofický sál)と呼ばれている。 この作業により、ストラホフ修道院での大規模な建築活動は終了し、以後の世代の修道院長は、すべて現代的な装いの影響下にある小さな建築の修理と、地域全体の維持に専念しました。

修道院は1950年までこのように存続し、共産主義政権に引き継がれ、宗教は抑留されて市民雇用に置かれ、教区の司祭として事務職に就くことができる人はほとんど存在しなかった。修道院は徹底的な考古学的研究を受け、国立文学記念館に変身しました。上記の考古学的研究の過程で、長い間忘れられていたロマネスク様式の修道院が明らかにされ、慎重なな方法で再建された。

ビロード革命後編集

1989年の共産主義体制の崩壊後、修道院はプレモントレ修道会に戻され、建物の費用のかかる再建が実現し始めた。1994年までに教会は修復され、新しい技術ネットワークが構築され、ストラホフの写真ギャラリーが新しく建設され、ストラホフ図書館がリニューアルされた。その他の建築修復も行われている。

埋葬編集

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Abbey of Strahov”. Catholic Encyclopedia. Robert Appleton Company. 2020年12月5日閲覧。
  2. ^ ヤポムクのヤン(ヨハネのこと)は国王と対立して、ヴルタヴァ(モルダウ)川に投げ込まれて溺死させられた。その遺体は民衆の崇敬の対象になった。ドイツ、オーストリアでは橋の聖人として讃えられる。カレル橋には彼のレリーフもある。「キリスト教人名辞典」日本キリスト教団出版部 1986年 p.1701
  3. ^ スメタナの交響詩「モルダウ」の「聖ヨハネの急流(第239小節~332小節)」
  4. ^ 北原勝哉 (2008). ヴルタヴァ川. オステリ・エスアールオー. p. 99 
  5. ^ Humphreys, R., The Rough Guide to Prague (London: Rough Guides, 2002), p. 58
  6. ^ Mary-Ann Gallagher, Matthew Gardner, Sadakat Kadri, Vienna Prague Budapest, 2nd, pg. 156, Cadogan Guides (2007), 1-86011-366-4

外部リンク編集