スナイフェルス半島

スナイフェルス半島 (スナイフェルスはんとう、Snæfellsnes) はアイスランド西部にある半島。アイスランド最大の湾であるファクサ湾ブレイザフィヨルズルを隔てる形になっており、半島の付け根にはボルガルフィヨルズル (en) がある。伝統的な地方区分では西アイスランド地方の中央に位置する。

Map of the Snæfellsnes peninsula.png

地理編集

この地域の景観の豊かさから、「アイスランドの縮刷図」とも言われる。半島西端部には、アイスランドの雄大な景観を代表し、氷河を擁する高さ1446mの火山であるスナイフェルスヨークトル (en) がある[1]。スナイフェルスヨークトルは半島中でもっとも高い山であり、山頂付近から氷河があるのが特徴である。「ヨークトル」(jökull) とは「氷河」を意味するアイスランド語である。天候がよければ、120km 離れたレイキャヴィークからも見ることができる。

スナイフェルスヨークトル周辺は4つの国立公園として管理されている。また地元ではスナイフェルスヨークトルを対象とする自然崇拝も残っている。

東西に延びる半島の北側の沿岸には、リフアイスランド語版オラフスヴィク英語版クルンタルフィヨルズルブザルダールル英語版などの村落が点在している。

文学編集

 
スナイフェルスヨークトル

中世のアイスランドで成立した『ラックサー谷の人々のサガ (en)』 では、ヴァリャーグになった最初の西ノース人ボリ・ボラソン (en) はスナイフェルス半島生まれであるとされており、またグズルーン・オースヴィーフルスドーティル (en)、ボリ・ソルレイクスソン (en)、スノッリ・ゴジen)といった人物の出身地であるともされている。

スナイフェルスヨークトルはフランスのSF作家ジュール・ベルヌの小説『地底旅行』に登場することでも知られている。

 
スナイフェルス半島東端の南側の街、アルナルスタピ (Arnarstapi)

社会編集

スナイフェルスの自治体は、アイスランドおよびヨーロッパで最初にグリーングローブ自治体としての認定を受けた。世界でも4番目である。スナイフェルスはグリーングローブ・プログラム2003年から参加しており、その後5年間連続で「実測済み (Benchmarked)」の認定を受けている。その結果として2008年6月に自治体としての認定となった[2]

ヘリサンドゥル (Hellissandur) の近くには、西ヨーロッパでもっとも高い建築物であるヘリサンドゥル電波送信所 (Longwave radio mast Hellissandur|en) がある。

脚注編集

  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年3月11日閲覧。
  2. ^ "Green Globe International, Inc. Congratulates Iceland's Snaefellsnes Peninsula for Achieving Green Globe Community Certification" 11 June 2008 cnn.com (英語)[要文献特定詳細情報]

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯64度51分29秒 西経23度06分54秒 / 北緯64.85806度 西経23.11500度 / 64.85806; -23.11500