スプリウス・フリウス・メドゥッリヌス・フスス (紀元前481年の執政官)

スプリウス・フリウス・メドゥッリヌス・フススラテン語: Spurius Furius Medullinus Fususs)は共和政ローマ初期の政治家・軍人。紀元前481年執政官(コンスル)を務めた[1]

Rmn-social-header-1-.svg
スプリウス・フリウス・メドゥッリヌス・フスス
Spurius Furius Medullinus Fusus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 フリウス氏族
官職 執政官(紀元前481年)
テンプレートを表示

出自編集

フススはパトリキ(貴族)であるフリウス氏族のうちのフリウス・フスス家の出身である。ティトゥス・リウィウスはフススというコグノーメン(第三名、家族名)を使用しているみだが[2]ハリカルナッソスのディオニュシオスシケリアのディオドロスはメドゥッリヌス・フススとしており[3][4]、カピトリヌスのファスティも同じである。その後もフスス家の多くがメドゥッリヌス・フススを名乗っている。[5]

経歴編集

フススは紀元前481年カエソ・ファビウス・ウィブラヌスと共に執政官に就任した。リウィウスによれば、フススはアエクイとの戦いを指揮し、ウィブラヌスはウェイイと戦ったとする。但し、アエクイとの戦いに特筆すべきことは起こらなかった[2]

脚注編集

  1. ^ Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, vol. II, p. 656.
  2. ^ a b リウィウスローマ建国史』、II.43
  3. ^ ディオニュシオス『ローマ古代誌』、VIX, 1, 1
  4. ^ ディオドロス『歴史叢書』、XI, 48 , 1
  5. ^ Broughton p. 24

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
クィントゥス・ファビウス・ウィブラヌス II
ガイウス・ユリウス・ユッルス
執政官
同僚:カエソ・ファビウス・ウィブラヌス II
紀元前481年
次代:
マルクス・ファビウス・ウィブラヌス II
グナエウス・マンリウス・キンキナトゥス