スミス島 (サウス・シェトランド諸島)

スミス島(スミスとう、Smith Island)は、長さ20km、幅8.0kmのサウス・シェトランド諸島最西端にある島である。デセプション島の西72kmのイギリス領南極地域に位置する。面積は148km2である[1]

スミス島
South Shetland Islands Map.png
サウス・シェトランド諸島
AntDotMap Livingston.png
地理
場所 南極
座標 南緯63度00分 西経62度30分 / 南緯63.000度 西経62.500度 / -63.000; -62.500座標: 南緯63度00分 西経62度30分 / 南緯63.000度 西経62.500度 / -63.000; -62.500
諸島 サウス・シェトランド諸島
面積 148 km2 (57 sq mi)
長さ 20 mi (30 km)
5 mi (8 km)
最高標高 2,105 m (6906 ft)
最高峰 フォスター山
行政
南極
人口統計
人口 0
追加情報
南極条約の下で管理
テンプレートを表示
南島方向から見たスミス島

サウス・シェトランド諸島の発見は、1819年にこの島の名前の由来となったウィリアム・スミスによって最初に報告された。この島は、1820年代よりアメリカとイギリスのアザラシ猟の場として知られており、スミス島という名前は100年以上に渡り国際的に使われているが、ロシアではしばしばボロディノ島(Borodino Island)と呼ばれている。

この島には観測基地や観測所はなく、科学者や登山家も滅多に立ち入らない。最高峰は2105mのフォスター山である。最初の詳細な地形図は、ブルガリアのAntarctic Place-names Commissionとブルガリア陸軍のMilitary Topographic Serviceによって作られ、2009年に英語とブルガリア語で公表された[1]

出典編集

  1. ^ a b L.L. Ivanov. Antarctica: Livingston Island and Greenwich, Robert, Snow and Smith Islands. Scale 1:120000 topographic map. Troyan: Manfred Worner Foundation, 2009. ISBN 978-954-92032-6-4