スヴャトスラフ・ロスチスラヴィチ (ノヴゴロド公)

スヴャトスラフ・ロスチスラヴィチロシア語: Святослав Ростиславич、1134/9年 - 1170年[1])は、キエフ大公ロスチスラフ次男[要出典]である。ノヴゴロド公:1157年 - 1160年[1]、1161年 - 1168年[1]

スヴャトスラフ・ロスチスラヴィチ
Святослав Ростиславич
ノヴゴロド公
Святослав Ногородский.png
在位 1157年 - 1160年、1161年 - 1168年

出生 1134/9年
死去 1170年
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ロスチスラフ1世
テンプレートを表示

生涯編集

父ロスチスラフがキエフ大公位にあった期間にノヴゴロド公位に就いていた。しかし1160年から1161年にかけては、ウラジーミル大公アンドレイ(ru)の甥であるムスチスラフの公位への招聘を決めたノヴゴロド人によって一時公位を追われている。

1164年、スウェーデン海軍がラドガに到来すると、スヴャトスラフとポサードニクザハリーはノヴゴロド軍を率いてこれを打ち破った。スウェーデン軍は43艘を喪失した。

1168年、キエフ大公位にあった父ロスチスラフが死ぬと、新たなキエフ大公となったムスチスラフの子のロマンがノヴゴロド公位に就き、スヴャトスラフは再びノヴゴロド公位を追われた。

1170年に結婚したが、その相手や子孫に関しては不明である。

出典編集

  1. ^ a b c Л.Войтович 3.16. СМОЛЕНСЬКА ГІЛКА РЮРИКОВИЧА. СМОЛЕНСЬКА І ЯРОСЛАВСЬКА ДИНАСТІЇ // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ(кінець IX — початок XVI ст.): склад, суспільна і політична роль — Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000.
先代
ムスチスラフ
ノヴゴロド公
1157年 - 1160年
次代
ムスチスラフ
先代
ムスチスラフ
ノヴゴロド公
1161年 - 1168年
次代
ロマン