スーサイドドア

自動車のドアの形態のひとつである

スーサイドドア: suicide door)は、自動車ドアの形態のひとつである。

ドライエ・135MSカブリオレ
(1935 - 1954)

多くの自動車のサイドドアはヒンジが前に、ロックやドアハンドルを含むラッチ機構が後ろにあり、ドアの後ろ側から乗り降りするが、このドアの場合、逆に、ヒンジが後ろ、ラッチが前にあり、ドアの前側から乗り降りする。

和訳すると「自殺ドア」となるが、この由来について複数の説がある。

  • 何らかの理由で走行中の自動車から飛び降りなければならなくなったときに、後ろ側に開いたスーサイドドアがあると、飛び降りるときドアにぶつかってしまうから。
  • 通常のドアは走行中万一開いても風圧がしまる方向にかかるが、スーサイドドアの場合ドアが風圧でますます開いてしまい、最悪捥ぎ取れてしまい、ドアに身を寄せたりする同乗者にとって転落の危険があること。

このようなデメリットもあるが、足元側が大きく開くため、特にキャブオーバー車などでは乗り降りがしやすいというメリットもある。

1960年代まではごく一般的な形式であったため、スバル・360スバル・サンバー(初代)など、いわゆるクラシックカーに多く見られる他、観音開きのリアドアもこの形式となる。

シトロエン・タイプH(Hトラック)のように、車体やドア形状はそのままに、モデルライフ半ばで仕向地(輸出先)によってヒンジの位置を後ろから前に変更したものもある。この例ではステップの高さと角度の変更で乗降動作の変更に対応してはいるものの、安全性の向上と引き換えに乗降性は損なわれる結果となった。

ロイト・LT600バン
(1955 – 1961)
ロールス・ロイス・ファントム
ドロップヘッドクーペ(2007 -)

近年ではBMW傘下となったロールス・ロイス付加価値のひとつとして積極的に採用し、他社との差別化に利用している。同ブランドでは2ドア車と4ドア車のリアドアに採用。

自動車メーカー以外の例では、カーショーなどに出品するカスタムカーに、見た目のインパクトを狙ってボディワークの末に取り付けられることもある。

また鉄道車両でも、3500系以前の名鉄の車両[1]は、乗務員室ドアのヒンジが通常の鉄道車両とは逆の客室側についており、スーサイドドアの一形態と言える(ただし内開き)。

採用例編集

脚注編集

[脚注の使い方]