ズメルカ山ギリシア語: Τζουμέρκα, Tzoumerka)またはアタマニカ山ギリシア語: Αθαμανικά, Athamanika)は、ギリシャ北西部のピンドス山脈にある山塊。最高地点はカカルディツァ山の2429メートル。南北40キロメートル、東西15から20キロメートルにわたって連なる山々の総称である。国道30号線(アルタ - トリカラ - カルディツァ - ヴォロス)がズメルカ山を通る唯一の主要道路となっている。

ズメルカ山 / アタマニカ山
Athamanika.jpg
標高 2,429 m
所在地 ギリシャテッサリアイピロス
位置 北緯39度29分 東経21度12分 / 北緯39.483度 東経21.200度 / 39.483; 21.200座標: 北緯39度29分 東経21度12分 / 北緯39.483度 東経21.200度 / 39.483; 21.200
山系 ピンドス山脈
ズメルカ山の位置(ギリシャ内)
ズメルカ山
ズメルカ山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

アルタ県ヨアニナ県カルディツァ県トリカラ県の境界地帯に位置する。北ズメルカ、中央ズメルカ、ピリ、アルギテアの各市が管轄する。

人口密度は希薄で、山麓は森林が占めるが、標高が上がるにつれて灌木から草地、むき出しの岩肌に変化する。ズメルカ山の西側はアラフトス川水系、東側はアヘロオス川水系である。

第二次世界大戦中、アタマニカ山中は民族協和ギリシャ連盟 (EDES) の重要拠点であった[1]

脚注編集

  1. ^ Cooke, Philip; Shepherd, Ben H. (2013) (英語). European Resistance in the Second World War. Pen and Sword. p. 102. ISBN 9781473833043. https://books.google.gr/books?id=KpFABAAAQBAJ&pg=.