メインメニューを開く

囲碁において、セキとは、相手の石を取ろうとすると自分の石が取られてしまうような、お互いに手を出せない状態をいう。

目次

概要編集

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

上図において、黒が内側の白石を取るためにaに打てば白がbに打ち、黒番がbに打てば白番がaに打つことで、逆に内側の黒石が全て取られてしまう。また、白が黒石を取りにいこうとしても、同じように白石の方が取られてしまう。

このように、石を取りに行った方が逆に取られてしまうために両者とも手が出せない状態をセキという。セキは両方の石が生きていると考えられる。また、この図のようなaやbは白黒どちらの地にも数えられない。

現行の日本囲碁規約においては、より一般的な定義がなされている。囲碁のルールを参照のこと。

セキのいろいろ編集

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

白がaやbに詰めると黒に取られて生きとなり、黒からa・bの両方に詰めると白△で三目ナカデの死にとなる(一つでも詰めるとその時点で黒死)。従って双方とも手出しができず、セキとなる。


                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

上図のようにコウが2つある場合、白がaに取ると黒はbに取り返すことができるため、どちらも全体が取られることがない。このため双方ともセキ生きとして扱われる(両コウセキ)。


                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

両者が一眼ずつを持ち、aのように内ダメがある場合はどちらからも相手を取りに行けず、これもセキとなる。


                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

これも両者が手出しできず、セキの形。


                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

白地は一見完全に見えるが、周りのダメが詰まると黒1から3の手段が生ずる。両者手出しできず。これもセキ。白は生きてはいるが、地がゼロになってしまう。

セキ崩れ編集

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

この場合△のついた石はセキの関係にあるが、それを包囲する右側の白石に眼がないため、いずれ白が全て取られてしまうことになる。これをセキ崩れと呼ぶ。

また一見セキに見えるが、死にになる形として「隅のマガリ四目」がある。詳しくは該当項目参照。

関連項目編集