メインメニューを開く

セルロプラスミン (ceruloplasminまたはcaeruloplasmin)は、公式にはフェロキシダーゼ (ferroxidaseまたは鉄(II):酸素-オキシドリダクターゼとして知られている。

フェロキシダーゼ
識別子
EC番号 1.16.3.1
CAS登録番号 9031-37-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
CP
Protein CP PDB 1kcw.png
PDBに登録されている構造
PDBオルソログ検索: RCSB PDBe PDBj
識別子
記号CP, CP-2, ceruloplasmin (ferroxidase), Ceruloplasmin
外部IDOMIM: 117700 MGI: 88476 HomoloGene: 75 GeneCards: CP
遺伝子の位置 (ヒト)
3番染色体 (ヒト)
染色体3番染色体 (ヒト)[1]
3番染色体 (ヒト)
CP遺伝子の位置
CP遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点149,162,410 bp[1]
終点149,221,829 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE CP 204846 at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_000096

NM_001042611
NM_001276248
NM_001276250
NM_007752

RefSeq
(タンパク質)

NP_000087

NP_001263177
NP_001263179
NP_031778

場所
(UCSC)
Chr 3: 149.16 – 149.22 MbChr 3: 19.96 – 20.01 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

血液中に見られる銅輸送タンパクであり、酵素である。(EC 1.16.3.1)

4 Fe2+ + 4 H+ + O2 4 Fe3+ + 2H2O

目次

解説編集

欠損症編集

セルロプラスミンが欠損している場合、その原因として挙げられるものは:

過少症・欠乏症編集

セルロプラスミンレベルが通常より低値である場合、その原因として挙げられるものは:

過多症・過剰症編集

セルロプラスミンレベルが通常より高値である場合、その原因として挙げられるものは:

脚注編集

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000047457 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000003617 - Ensembl, May 2017
  3. ^ "Human PubMed Reference:".
  4. ^ "Mouse PubMed Reference:".

外部リンク編集

関連項目編集