セントルイス・ブラウンストッキングス (1875-1877年)

セントルイス・ブラウンストッキングス(1876年)

セントルイス・ブラウンストッキングスSt. Louis Brown Stockings)は、1875年から1877年まで、ミズーリ州セントルイスを本拠地とし、ナショナル・アソシエーションメジャーリーグナショナルリーグに所属していたプロ野球チーム。

目次

球団史編集

1875年に球団は創設され、当時強かったシカゴ・ホワイトストッキングス(のちのシカゴ・カブス)などにならって、「ブラウンストッキングス」という愛称をつけられた。同年ナショナル・アソシエーションに加盟、セントルイスにあったグランド・アベニュー・グラウンズを本拠地とした。投手の中心はジョージ・ブラッドリーで、高い打率と俊足を誇ったリップ・パイクとジョー・バッティンが攻撃の中心だった。また同年、後の300勝投手であるパッド・ガルヴィンがデビューした球団でもある。

1875年を最後にナショナル・アソシエーションが解散した後、チームは翌年発足したナショナルリーグに加盟した。1876年6月15日、チームの主力投手だったジョージ・ブラッドリーがメジャーリーグ史上最初のノーヒットノーランを達成するなどの活躍をし、この年チームは7割以上の勝率を上げた。

しかし翌1877年はブラッドリーやリップ・パイクが他チームに移籍し、チームは得点力不足に陥って成績が低迷する。球団は補強を画策し、ルイビル・グレイズの主力選手だったジム・デブリンジョージ・ホールと移籍の契約を結んだ。しかしこの両選手は、同年に起こったグレイズの八百長試合スキャンダルに巻き込まれ、後日ナショナルリーグから永久追放処分を受けることになる。ブラウンストッキングスは、このスキャンダルの余波を受ける形で同年倒産に追い込まれた。球団のフランチャイズ権は地元セントルイスの資産家に1800ドルで買い取られ、5年後の1882年に現在のセントルイス・カージナルスに至る新たな球団ができることになる。

戦績編集

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1875年 NA 70 41 43 .488 4位 ディッキー・ピアース Grand Avenue Park
1876年 NL 64 45 19 .703 3位 メイズ・グラッフェン
ジョージ・マクマナス
Sportsman's Park I
1877年 60 28 32 .408 4位 ジョージ・マクマナス

所属した主な選手編集

主な球団記録編集

  • 通算安打数:201(ジョー・バッティン)
  • 通算打点数:101(ジョー・バッティン)
  • 通算得点数:116(リップ・パイク)
  • 通算勝利数:78(ジョージ・ブラッドリー)
  • 通算奪三振:163(ジョージ・ブラッドリー)

出典・外部リンク編集