メインメニューを開く

セントルークス管弦楽団

セントルークス管弦楽団、Orchestra of St.Luke's)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市を本拠地とする室内オーケストラ聖ルカ管弦楽団と訳される場合もある。

歴史編集

1974年ニューヨーク市グリニッジ・ヴィレッジ教区のセントルークス教会で演奏する目的で結成されたセントルークス室内合奏団(St. Luke's Chamber Ensemble)を母体とし、1979年のカラモーア音楽祭(Caramoor International Music Festival)に編成を拡大して出演したことで設立された。

主なレパートリーはバロック音楽から現代音楽まで幅広く、編成を柔軟に変えて演奏している。ニューヨークでの定期的なコンサートシリーズは好評をもって迎えられており、オルフェウス室内管弦楽団と並んでニューヨークを代表する室内管弦楽団となっている。

歴代の音楽監督・首席指揮者にはチャールズ・マッケラスロジャー・ノリントンドナルド・ラニクルズがいる。現在の首席指揮者はパブロ・エラス=カサド

主なレコーディングは、マッケラス指揮でハイドンの交響曲シリーズ、マイケル・ティルソン・トーマス指揮でベートーヴェン交響曲第3番『英雄』ジェームズ・レヴァイン指揮で『ピーターと狼』『青少年のための管弦楽入門』『リンカーンの肖像』、エド・デ・ワールト指揮でアダムズオペラ『中国のニクソン』、チョン・キョンファ独奏でヴィヴァルディの『四季』などがある。

外部リンク編集