ソカリ地区(ソカリちく、ウクライナ語: Сокальський район, Sokal’s’kyi raion)は、ウクライナ西部リヴィウ州オーブラスチ)の地区ラヨン)。その行政の中心ソカリ英語版市に置かれている。この地区には、 2001年ウクライナ国勢調査の時点で 98,123人の人口があった[2]2016年時点の推計人口は、92,801人であった[3]

ソカリ地区

Сокальський район
Flag of Sokal Raion
ソカリ地区の紋章
紋章
Map of Lviv Oblast highlighting Sokal Raion.png
座標:北緯50度23分08秒 東経24度06分14秒 / 北緯50.38556度 東経24.10389度 / 50.38556; 24.10389座標: 北緯50度23分08秒 東経24度06分14秒 / 北緯50.38556度 東経24.10389度 / 50.38556; 24.10389
 ウクライナ
州(オーブラスチ) Flag of Lviv Oblast.svg リヴィウ州
創設 1939年
行政中心地 ソカリ
下位区分
政府
 • 知事 Mykola Mysak[1]
面積
 • 合計 1,573 km2
人口
2016年
 • 合計 92,801人
 • 密度 59人/km2
等時帯 UTC+02:00 (EET)
 • 夏時間 UTC+03:00 (EEST)
郵便番号
80000—80086
地域局番 380-3257
ウェブサイト www.sokal-rda.gov.ua

ソカリ地区には人口集積のある集落が106か所あり、そのうちベルズヴェリキ・モスティ英語版、ソカリ、ウニウ英語版の4か所は地区の行政に帰属する都市で、ジュヴィルカウクライナ語版は唯一の都市型集落であり、残りの101か所は村落である[2]

地区の西側はポーランドとの国境を成し、北側にはヴォルィーニ州、東側には同じくリヴィウ州ラデキウ地区英語版、南側にはカミヤンカ=ブズカ地区英語版ゾウクヴァ地区英語版がそれぞれ位置している。

この地区が創設されたのは1939年[2]ソビエト連邦による西ウクライナの併合英語版によって一帯がウクライナ・ソビエト社会主義共和国に編入された際のことであった。1951年には、ポーランドとソビエト連邦の領土交換英語版によって、それまでポーランド人民共和国ルブリン県に属していた領域の一部が加えられて、この地区の領域は拡大した。この移管によって、ベルズ、ウニウ(ポーランド名:ウノフ Uhnów)、チェルヴォノラード英語版(クリスティノポル Krystynopol)、ヴァリヤジ英語版(ワレンジ Waręż)がウクライナに帰属することとなった[4]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Leadership” (Ukrainian). Sokal Raion State Administration. 2012年2月15日閲覧。
  2. ^ a b c Sokal Raion, Lviv Oblast” (Ukrainian). Regions of Ukraine and their Structure. Verkhovna Rada of Ukraine. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月16日閲覧。
  3. ^ ЧИСЕЛЬНІСТЬ НАЯВНОГО НАСЕЛЕННЯ УКРАЇНИ (PDF)”. ДЕРЖАВНА СЛУЖБА СТАТИСТИКИ УКРАЇНИ. 2020年7月18日閲覧。
  4. ^ Sylwester Fertacz, Krojenie mapy Polski: Bolesna granica. Alfa. Retrieved from the Internet Archive on 14 November 2011

関連項目編集

外部リンク編集