メインメニューを開く
1932年1月21日、ヘルシンキにおいて条約に署名するユリエ=コシキネン(左)とマイスキー(右)[1]

ソ連・フィンランド不可侵条約(ソれん・フィンランドふかしんじょうやく、フランス語: Traité de non-agression et de règlement pacifique des conflits conclu entre la Finlande et I'Union des Républiques Soviétistes Socialistes)は、1932年フィンランドソビエト連邦の代表により署名された不可侵条約である。この条約は1939年、ソ連領内の村が砲撃され、フィンランドに責任があるとされる偽の「マイニラの砲撃英語版」を理由に、ソ連により一方的に破棄された。

経緯編集

ソビエト連邦は、日本による満州事変の時期、その国境の安全を図るべく、ヨーロッパの隣接諸国と不可侵条約の締結交渉を開始した。

1932年1月21日ヘルシンキにおいてフィンランド外相アルノ・ユリエ=コシキネンと駐ヘルシンキ・ソ連全権代表(大使)イワン・マイスキーにより、条約は署名された。これにより、双方が両国間国境を尊重することを保証し、中立の維持で合意した。紛争は、平和的かつ中立的に解決されることが約束された。また、フランス語正文とし、3年間の期限(2年間の自動延長)とされた。

同条約は、エストニアラトビアポーランドに続く、最後となる署名であったが、その批准は最も早く、1932年7月であった。

1934年4月7日、モスクワにおいてユリエ=コシキネンとソ連外相マクシム・リトヴィノフにより、追加の議定書が結ばれ、条約は1945年12月31日まで延長された。

しかしながらこの条約は、フィンランド侵攻の数日前、フィンランドがソ連の村を砲撃したと主張するソ連により破棄された。にもかかわらず、ソ連はまた、1920年に両国間で署名されたタルトゥ条約も破棄した。さらには、1934年に署名された国際連盟規約をも破棄した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Turtola, Martti (1999). “Kansainvälinen kehitys Euroopassa ja Suomessa 1930-luvulla”. In Leskinen, Jari; Juutilainen, Antti (Finnish). Talvisodan pikkujättiläinen (1st ed.). Werner Söderström Osakeyhtiö. pp. 13-46. ISBN 951-0-23536-9. 

外部リンク編集