メインメニューを開く

タイムプレイとは、野球またはソフトボールにおいて、フォースプレイによらない走者の第3アウトと、別の走者の得点のどちらが早かったかを審判員が判定しなくてはならないプレイをいう。

概要編集

ルールでは、当該イニングにおける第3アウトが成立しても、それより先に走者本塁に到達していれば走者の得点が認められ、イニング終了と同時に得点が記録される[1]。そのため審判員は、第3アウト成立に至るプレイ中に本塁到達を目指す走者がいた場合、その走者にアピールプレイが残っているか否かに関係なく、走者の本塁到達と第3アウトの成立のどちらが早かったかを明示しなければならない。

タイムプレイが発生することが予想される状況では、少なくとも一人の審判員は2ヶ所で起こるプレイを同時に見ることができる場所に位置し、どちらが先であったかを判定する必要がある。公認野球規則内では「タイムプレイ」という語句は用いられていないが、主として審判員の間で、第3アウトと得点が同時期に発生する際のプレイを指す用語・俗語としてしばしば用いられる。

ただし、第3アウトが以下の場合には例外として得点が記録されない[2]

  • 打者走者が1塁に触れる前にアウトにされたとき。
  • 走者がフォースアウトされたとき。
  • 前位の走者が塁に触れ損ねてアウトにされたとき。

具体例編集

その1
  1. 二死一塁で、打者は右中間を抜ける長打性の安打を放った。一塁走者は、二塁三塁とまわり本塁を目指した。
  2. 外野からの返球を一塁手がカットし、一塁手は打者走者が二塁を欲張っているのをみて本塁ではなく二塁をカバーしていた遊撃手に送球。打者走者は二塁で触球されアウトとなった。
  • この場合、打者走者がアウトになるより先に一塁走者が本塁に触れていれば、得点は認められる。
その2
  1. 一死二・三塁で、打者は左翼への大飛球を打った。三塁走者がタッグアップに備え帰塁(リタッチ)した一方で、二塁走者は左翼手が捕球できないと判断してスタートを切った。
  2. 左翼手は捕球に成功し、三塁走者はタッグアップして本塁に向かった。離塁していた二塁走者はリタッチのため二塁へ逆走。
  3. 左翼手はバックホームしたが、内野手がカットし、二塁走者が帰塁できていないのを見て二塁に送球。審判員はアウトを宣告した。
  • この場合、二塁走者のアウトより先に三塁走者が本塁に触れていれば、得点は認められる。
    • また、この場合の二塁走者は塁に触球されるだけでアウトとなるのでフォースアウトと混同されやすいが、このアウトはアピールアウトである[3][4]
    • 従って仮に三塁走者のリタッチが正しく行われていなくても、二塁走者のアウトより先に三塁走者が本塁に到達し、かつ守備側が三塁走者のリタッチに対するアピールを怠れば得点は認められる。この状況で得点を防ぐには、三塁走者のリタッチが正しくないことをアピール(第4アウトを取得)し、「第3アウトの置き換え」を行う必要がある。
その3
一死一・三塁で、打者は一塁前ゴロを打った。一塁手はこれを捕るとそのまま一塁を踏んで打者走者をアウトにし、二塁に向かっている一塁走者もアウトにしようとそのまま二塁に送球した。
これを見て三塁走者は本塁へ向かった。一・二塁間に挟まれた一塁走者は遊撃手に触球されアウトになった。
  • この場合、打者走者が先にアウトになったことで一塁走者はフォースの状態を解除されているため、一塁走者のアウトより先に三塁走者が本塁に触れていれば、得点は認められる。

脚注編集

  1. ^ 公認野球規則5.08(a)【注1】
  2. ^ 公認野球規則5.08(a)【例外】
  3. ^ 公認野球規則5.09(b)(5)
  4. ^ 公認野球規則5.09(c)(1)

関連項目編集