タシュケント市営バス

タシュケントの市営バス
タシュケント市営バス

タシュケント市営バス (英語: Tashkent Busロシア語: Ташкентский автобус) は、ウズベキスタンの首都タシュケント市営バスである。タシュケント市営バスは1909年に運行を開始し、現在では4つの主要路線を含む10路線が運行されている。

目次

概要編集

1909年12月に初の市営バスが設立された。当時はニコルスコーエ (Никольское)とクイリュク (Куйлюк)を結ぶ1路線が運行されていた。1926年に運営会社であるウズベクパトプロモトルグ (Узбекпатопромторг)が設立され、この会社が市営バスの管理を行うようになった。

ソビエト連邦時代は主に現在のロシア製の車両が使用されていたが、独立を果たした1990年代以降は様々な企業の車両が使用されるようになり、日本いすゞドイツメルセデス・ベンツ韓国大宇自動車現代自動車ロシアNEFAZロシア語版[1]といった会社のバス車両が使用されている。

2008年時点で、タシュケント市営バスの乗客数は3.609億人である[2]。2012年1月現在、バス料金は700スムである[3]

車両編集

脚注編集

  1. ^ Новинки”. nefaz.ru. 2013年2月11日閲覧。
  2. ^ В столице перевезено 482 миллиона пассажиров”. gazeta.uz. 2013年2月11日閲覧。
  3. ^ Изменение цен на проезд в городском пассажирском транспорте”. tshtx.uz (2012年4月1日). 2013年2月11日閲覧。

外部リンク編集