タリウム205

タリウムの同位体

タリウム205 (Thallium-205・205Tl) とは、タリウムの同位体の1つ。

タリウム205
Thallium pieces in ampoule.jpg
天然タリウムの約70.5%が205Tlである。
概要
名称、記号 タリウム205,205Tl
中性子 124
陽子 81
核種情報
天然存在比 70.476 ± 0.014 %
半減期 安定
親核種 205mTl (IT)
209Bi (α)
205Pb (EC)
205Hg (β-)
同位体質量 204.9744275(14) u
スピン角運動量 1/2+
余剰エネルギー −23820.6± 1.3 keV
結合エネルギー 7878.393 keV

概要編集

205Tlは、タリウム安定同位体の1つであり、タリウムの約70.5%が205Tlで構成されている。残りの約29.5%は203Tlである[1]

205Tlの親核種には209Biがある。これは後述する崩壊系列に関わるものである。また、ポロニウムで最も半減期の長い同位体である209Poは、205Pbを経由して205Tlに変化する。そのほかに205Hgベータ崩壊がある[1][2]。また、205Tlには核異性体である205mTlがあり、0.000026秒で核異性体遷移を起こす[1]

崩壊系列編集

 
ネプツニウム系列の図。205Tlは最終的に生じる安定同位体である。

205Tlは、241Puから始まり、237Npを経由する崩壊系列であるネプツニウム系列で最終的に生じる安定同位体である。かつては209Biが最終的に生じる安定同位体とされていたが、2003年になって209Biがアルファ崩壊することが確かめられたため、205Tlに座を移すことになった。ただし、209Biは半減期が1900京年と、安定同位体と見なせるほど非常に長いものであるため、実質的には209Biが最終と考えても差し支えない[1][2]

タリウムの安定同位体である205Tlと203Tlの親核種は、そのほとんどは天然に存在しない核種であり、非常に長い半減期を持つ209Biの影響も小さい。複数の崩壊系列で同位体の量が変化するとは異なり、標準原子量は不変であると見なせる。実際、タリウムの標準原子量は鉛のそれより精度が1桁上回っている。

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

軽量:
204Tl
タリウム205は
タリウム同位体である
重量:
206Tl
205mTl (IT)
209Bi (α)
205Pb (EC)
205Hg (β-)

崩壊生成物
タリウム205
崩壊系列
安定同位体
崩壊