タンザラ(Tamzara) (アルメニア語: Թամզարաアラム語: ܬܐܢܙܐܪܐ‎、アゼルバイジャン語: Tənzərəギリシア語: Τάμσαρα 或いは Τάμζαραトルコ語: Tamzara)は、アルメニアアッシリアアゼルバイジャン(Şərur英語版地域、Nakhichevan Khanate英語版地域)[1][2]ギリシャ[3]などアナトリア地域で踊られている民俗舞踊である。[4] 特に、エルズィンジャンエルズルムKiğı英語版Arapgir英語版エラズーマラティヤの地域で人気が高く、音楽やステップが少しづつ異なる多くの種類のタンザラアナトリア の様々な地域や古くからの村々より伝わっている。

歴史編集

タンザラの名前は、ギレスン県のアルメニア人の村 Tamzara(現Şebinkarahisar英語版[5])に関連している。伝説によると、この踊りはアッシリア帝国による周辺地域の征服の過程で古代のアッシリア人によってアナトリアにもたらされたとされており、その名前はシュメールの食べ物や植生の神であるタンムーズ(アラビア語:تمّوز Tammūz)に由来する[要出典]

タンザラは、Çərçiboğan英語版(Charchibogan)、Çomaxtur英語版(Chomakhtur)、その他のŞərur英語版(Sharur)の地域の村々では有名で、逐語的な言葉の意味は "Gizili tanbatan”(黄金)を指しており、今日タンザラは民俗舞踊集団のレパートリーに含まれており、女性の踊りで踊り手達は、指輪、イヤリング、ブレスレット、チェーンなど、あらゆる種類の金色のもので贅沢に着飾り、その美しさと輝きを指している。

様式編集

全てのタンザラは、/ 拍子(= 2+2+2+1+2)でトルコ音楽のリズム英語版で言う Evfer のリズムを持つ。例外もあるが、殆どのメロディーも非常に似ている。殆どのアナトリアの民俗舞踊と同様に、小指でつながった大勢の人々で踊られる。あるバージョンでは、1人の女性または、肩を組んで互いに腰の周りに腕を回した2人の女性が、同じ方向を向いている1人の男性と踊るものもみられる[6]

参考資料編集

注釈と出典編集

  1. ^ (アゼルバイジャン語) Irada Sariyeva. Yalli Dances of Nakhchivan. Baki Khabar. 25 January 2015. Retrieved 21 February 2015., 2018年08月31日閲覧
  2. ^ Recep Albayrak Hacaloğlu. Azeri Türkçesi dil kilavuzu. Hacaloğlu, 1992; p. 272.
  3. ^ http://www.newsfinder.org/site/more/pontic_music_and_dance/, 2018年08月31日閲覧
  4. ^ http://www.folkdance.com/LDNotations/Tamzara2001LD.pdf Tamzara, Folk Dance Federation of California, 2018年08月31日閲覧
  5. ^ https://www.facebook.com/pontosworldme/posts/tamsara-or-tamzara-is-an/223465050999420/, Pontos World, 2018年8月30日閲覧
  6. ^ https://www.youtube.com/watch?v=pPQXfJUW4_I, Tak Tamzara Armenian dance, 2018年9月3日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集

映像外部リンク
踊りの一例(アルファベット順)
  Tamzara Թամզարա Тамзара [現トルコのエルズィンジャン(アルメニア名:Yerzinga)に近いエルズルム(アルメニア名:Kalin)西の踊りの例、The Armenian Folk Dance Society performed at the 1939 and 1964 World's Fair in New York., 2006年05月20日公開, 2018年9月3日閲覧]
  TAMSARA TAMZARA [ギリシャのタンザラ, 2007年01月05日公開, 2018年9月3日閲覧]
  Tamzara Armenian folk dance by Gagik Ginosyan students [Gagik Ginosyan(Kalin Dance Group)での講習例, 2007年01月05日公開, 2018年9月3日閲覧]
  SEBINKARAHISAR HORAN, TAMZARA [2018年06月18日公開, 2018年9月3日閲覧]