ダムガルヌンナ(Damgalnuna)はメソポタミア神話シュメール時代に神エンリルの妻として登場する。のちのアッカド時代にはダムキナ(Damkina)の名で登場し、神エアの妻であり、神マルドゥクの母とされる。

参考文献編集

  • Michael Jordon, Encyclopedia of Gods, Kyle Cathie Limited, 2002