チェシャム男爵(: Baron Chesham)は、イギリスの男爵貴族連合王国貴族爵位。デヴォンシャー公爵家の分家筋。

チェシャム男爵
Coronet of a British Baron.svg
Cavendish arms.svg

紋章記述

Arms:Sable three Stags' Heads Cabossed Argent Crest:A Snake nowed proper Supporters:Dexter: a Buck proper gorged with a Chaplet of Roses Argent and Azure; Sinister: a Greyhound Argent gorged with a Plain Collar Gules thereon three Buckles Or Motto:
創設時期1858年1月15日
創設者ヴィクトリア
貴族連合王国貴族
初代初代男爵チャールズ・キャベンディッシュ英語版
現所有者7代男爵チャールズ・キャヴェンディッシュ英語版
相続人オリヴァー・キャヴェンディッシュ閣下
相続資格初代男爵の嫡出直系男子
付随称号なし
現況存続
旧邸宅ラティマー・ハウス英語版
モットーCavendo Tutus
(Secure by caution)

なお、チェシャム男爵キャヴェンディッシュ家には本爵位以外に保持するものはない。

歴史編集

 
3代男爵を描いたカリカチュア
(ヴァニティ・フェア誌1900年3月号掲載, Spy 作)

自由党の政治家チャールズ・キャベンディッシュ英語版(1793-1863)がその晩年にあたる1858年1月15日連合王国貴族としてバッキンガム州チェシャムのチェシャム男爵(Baron Chesham, of Chesham in the County of Buckingham)に叙されたことに始まる[1][2][3]。彼以降、現在に至るまでその直系男子によって爵位は相続されている[3]

なお、初代男爵はデヴォンシャー公爵家出身の初代バーリントン伯ジョージ英語版を父に持つため、男爵家の歴代当主は同公爵家の分家筋にあたっている[註釈 1][3][4]

初代男爵の孫にあたる3代男爵チャールズ(1850-1907)保守党の政治家として活動したほか、プリンス・オブ・ウェールズ付寝室官長や最後の猟犬管理長官英語版といった閑職を歴任している[2][5][6]。彼がにわかに狩猟中の落馬事故によって命を落とすと、爵位はその息子ジョンが継承した[3]

4代男爵ジョン(1894-1952)の孫にあたる6代男爵ニコラス(1941-2009)ジョン・メージャー内閣下の国王親衛隊隊長を務めている[3][7]

その息子である7代男爵チャールズ(1974-)がチェシャム男爵家現当主である。


一族のモットーは「念には念を入れよ(Cavendo Tutus)」[3]

一族のかつての邸宅はバッキンガムシャーに位置するラティマー・ハウス英語版であったが、やがて男爵家の手を離れて国立防衛大学本庁舎英語版に転用されたのち、現在は宿泊施設として利用されている[8][9]

チェシャム男爵(1858年)編集

法定推定相続人は、現当主の息子であるオリヴァー・ニコラス・ブルース・キャヴェンディッシュ(2007 - )閣下。

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 初代男爵の父バーリントン伯は第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュの三男であり、男爵自身は父の四男にあたっていた。

出典編集

  1. ^ No.22082”. The Gazette 12 January 1858. 2020年4月2日閲覧。
  2. ^ a b Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). p. 196. https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse 
  3. ^ a b c d e f Chesham, Baron (UK, 1858)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年4月1日閲覧。
  4. ^ Mosley, Charles, ed (2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knighthood (107 ed.). Burke's Peerage & Gentry. pp. 1128-1129. ISBN 0-9711966-2-1 
  5. ^ No.27378”. The Gazette 19 November 1901. 2020年4月2日閲覧。
  6. ^ No.27243”. The Gazette 2 November 1900. 2020年4月2日閲覧。
  7. ^ No.54101”. The Gazette 13 July 1995. 2020年4月2日閲覧。
  8. ^ Stuff, Good. “Latimer House (National Defence College), Latimer, Buckinghamshire”. britishlistedbuildings.co.uk. 2020年4月1日閲覧。
  9. ^ Latimer Place wins Britain's Secret Homes” (英語). Bucks Free Press. 2020年4月1日閲覧。

関連項目編集