チニング (chin-ing) とは、ルアーにてチヌ(黒鯛)を釣ることを指す釣り用語。

対象魚としては本チヌ、キチヌ(キビレ)などの黒鯛。釣法は、ポッパーやペンシルを使うトップチヌ、蝦蛄やエビに似せたMリグ、Oリグの主に3つに分類される。

タックル編集

ロッド
6 - 9 ftのバスorトラウトロッドなどやシーバスの7 ft前後のものを使う。今では、チニング専用の竿も市販されている。
リール
D社の2500番 S社の3000番あたりのスピニングリールを用いることが多い。
ライン
6 lb - 10 lb 20lbクラスのリーダー
ルアー
ポッパー、ペンシル、Mリグ、Oリグ、バイブレーション、クランクベイト、ラバージグ

漁法編集

トップチニング
主にポッパーやペンシルなどの水面上のトレースするルアーを用いる。奄美地方で盛んなライトタックルゲーム。
Mリグ
ボトムを這うベイト 蝦蛄やエビなどの似せたルアーでの漁法。主にラパラ社のカウントダウンCD7のフックを外して、ベリー(腹部)のアイにシンカーを固定し テールにダブルフックを上向きに装着させたものが主流。リグとは嶋田仁正が、チヌ用のルアーと使わず「リグ」と命名した。
Oリグ
バイブレーション
クランクベイト
ラバージグ
テキサスリグ
主に淀川など根掛かりの多発するエリアで使用する。


外部リンク編集