メインメニューを開く

チャイコフスキー団

チャイコフスキー団ロシア語: Чайковцыラテン文字表記の例Chaikovtsy、チャイコフスツィ、英語: Circle of Tchaikovsky)、または、大宣伝協会ロシア語: Большое общество пропаганды、ボリショイ・オブシェストヴォ・プロパガンディ、英語: Grand Propaganda Society)は、ナロードニキ運動弾圧の後に作られたロシア秘密結社

チャイコフスキー団
Чайковц
設立年 1869年
種類 秘密結社
目的 読書会、書籍頒布、民衆啓蒙、革命運動
関連組織 土地と人民
人民の意志

目次

概要・歴史編集

1869年、マルク・ナタンソンオリガ・ナタンソンニコライ・チャイコフスキーが、サンクトペテルブルクにて、「チャイコフスキー団」を結成。設立当初は読書会、書籍配布の為の組織であった。次いで、ナロードニキ運動を再発させる形で、団員たちは農民や労働者の扮装で、その中へ入って行く。

中期は、啓蒙目的で、集団農場や工場が作られ、そこで貴族や富豪の子弟が、農民や労働者と一緒に汗を流した。ソフィア・ペロフスカヤは貴族の娘でありながら、職人の妻という触れ込みで、木綿の頭巾に木綿の衣裳、男物の長靴を履いて参加した。ネヴァ川から桶に水を汲んで運びさえした。紡績工場で惨めに働く女工に混じり、一日16時間も働く女子大生もいた。セルデュコフという大学生は、砲兵工廠に潜り込み、そこで読書会を組織した。機械工は賃金が良かったので、あっという間に教養が身に着いた。バックル、ラッサールミル、ドレイパー、シュピールハーゲらの名が、彼らの口をついて出た。弾圧を受けると、秘密の連絡網を作り、逮捕された同志の脱走を計画して実行した。ピョートル・クロポトキンの脱走時には、辻々に見張りを置き、官憲が追いかけてこれぬよう周辺の馬車をすべて借り切り、計画が実行された。その人員、予算を思うに、貴族の子弟ではなく、すでに遺産を相続した貴族そのものが多く在籍した事を伺わせる[1]

後期になると、各地に支部を作り、連絡員を配し、支部ごとに活動を行うようになる。官憲に見つかると、その支部は廃して、メンバーはよその都市へ移動する。危険が大きい場合は、外国へ亡命する。この体制は、のちの革命組織に継承されている。主要メンバーは、後の「土地と自由」「人民の意志」と重なる。後になるほどテロリズムを指向するのは、政府が言論を弾圧した為である。

脚注編集

  1. ^ 藤本良造訳、クロポトキン著「一革命家の思い出」

関連図書編集

関連項目編集