メインメニューを開く

フレデリック・チャイルド・ハッサム

フレデリック・チャイルド・ハッサム

フレデリック・チャイルド・ハッサム(Frederick Childe Hassam、1859年10月17日 - 1935年8月27日)はアメリカ合衆国の画家である。

略歴編集

ボストンに生まれた。若い頃から絵を書くのが好きで高校を1年間で中退し、出版社の経理で働き、フリーのイラストレーターになって、「Harper's Weekly」、「Scribner's Monthly」「The Century」といった雑誌の挿絵を描き始めた。ボストンの画家、版画家のリマー(William Rimmer:1816–1879)に絵画を習い、1878年からはボストン美術クラブの夜間コースやローウェル協会(Lowell Institute)で学んだ。ボストンやその郊外の風景画を描き、1882年には50点の水彩画を展示した個展を開いた。

1883年の夏、初めてヨーロッパに渡り、イタリア、フランス、オランダ、スペイン、イギリスを旅した。イギリスの画家、ウィリアム・ターナーの水彩画に強い影響を受けた。1884年にヨーロッパの風景を描いた67点の水彩画をボストンで展示した。1884年に結婚した。

1886年にニューヨークで開かれたフランス印象派の展覧会を見て、その年、ヨーロッパに渡り、パリのアカデミー・ジュリアンに入学した。ギュスターヴ・ブーランジェジュール・ジョゼフ・ルフェーブルに学んだ。ボストンで出版された書籍の挿絵の報酬や、作品を競売した資金でパリで3年間学んだ。1889年のサロン・ド・パリに出展し、1889年のパリ万国博覧会の展覧会に参加し入選した。1889年にアメリカに帰国しニューヨークに住んだ。

1897年に、ジョン・ヘンリー・トワックトマンジュリアン・オールデン・ウィアーとともに米国芸術家協会(Society of American Artists)を抜け、「テン・アメリカン・ペインターズ」を結成した。ハッサムはアメリカにおける印象派の代表的画家となった。

作品編集

参考文献編集

  • Der amerikanische Impressionismus. Ausstellungskatalog zu einer Ausstellung in Berlin und Wien. Smithsonian Institution Traveling Exhibition Service, Washington D. C. 1982.
  • Spanierman Gallery, New York City: Childe Hassam (1859–1935). New York City 1988, ISBN 0-945936-02-8.
  • William H. Gerdts: Amerikanischer Impressionismus. Meisterwerke aus öffentlichen und privaten Sammlungen der Vereinigten Staaten von Amerika. Ausstellungskatalog (Villa Favorita, Stiftung Thyssen-Bornemisza, Lugano-Castagnola). Eidolon, Einsiedeln 1990.
  • Ulrich W. Hiesinger: Childe Hassam. American Impressionist. Ausstellungskatalog (Jordan-Volpe Gallery, New York, 1994). 2. Auflage. Prestel, München u. a. 1999, ISBN 3-7913-2218-4.
  • H. Barbara Weinberg (Hrsg.): Childe Hassam: American Impressionist. Ausstellungskatalog Metropolitan Museum of Art. New Haven 2004, ISBN 1-58839-119-1.