チャタル・ヒュユクの座った女性

チャタル・ヒュユクの座った女性: Seated Woman of Çatalhöyük、ちゃたる・ひゅゆくのすわったじょせい、またはチャタル・ヒュユク)は、猫の頭をした肘掛けの間に座っている、粘土で作られたヌードの女性像。ネコ(ヒョウまたはパンサー)の頭の形で2つの手を休ませている彼女の王座に座っており、豊満で肥沃な出産の過程にある地母神[2]を描写していると一般に考えられている[3]。この彫像は、現地で発見されたいくつかの図像的に類似したものの一つであり、最も有名なヴィレンドルフのヴィーナスなど、他の豊満な先史時代の女神像[4]に関連付けられている。

チャタル・ヒュユクの座った地母神。頭は修復物。アナトリア文明博物館英語版[1]

それは不詳の作者によって形作られた新石器時代の彫刻であり、紀元前6000年頃に完成した。トルコチャタル・ヒュユクで1961年に考古学者ジェームス・メラートによって発見された。それが見付かったとき、頭と右側の手の部分が欠けていた。現在の頭と手は、現代に作られた代替品である。この彫刻は、トルコのアンカラにあるアナトリア文明博物館英語版に所蔵されている。

脚注編集

  1. ^ As noted in Hugh Honour and John Fleming, A World History of Art, 2005: illustration, fig. 1.16;
  2. ^ So rendered in popularized accounts, such as The Oxford Companion to World Mythology, 2005: s.v. "Hittite-Hurrian mythology": "...the goddess of Çatalhöyük, her Anatolian descendants were the great Phrygian goddess Cybele, the mother of the sacrificed Attis, and the many-breasted Artemis of Ephesus."
  3. ^ A typical assessment: "A terracotta statuette of a seated (mother) goddess giving birth with each hand on the head of a leopard or panther from Çatalhöyük (dated around 6000 B.C.E.)" (Sarolta A. Takács, "Cybele and Catullus' Attis", in Eugene N. Lane, Cybele, Attis and related cults: essays in memory of M.J. Vermaseren 1996:376.
  4. ^ Noted in Honour and Fleming 2005 "Ch.1: Before History"

参考文献編集

  • Mellaart, James : Çatal Hüyük, A Neolithic Town in Anatolia, London, 1967
  • Guide book of "The Anatolian Civilizations Museum"
  • Lecture of Dr. R. Tringham, The Neolithic World of Çatalhöyük, at the University of Leuven

外部リンク編集