チャールズ・ベネット (第2代タンカーヴィル伯爵)

第2代タンカーヴィル伯爵チャールズ・ベネット英語: Charles Bennet, 2nd Earl of Tankerville KT1697年12月21日1753年3月14日)は、イギリスの貴族、政治家。1714年から1722年までオッスルストン卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

初代タンカーヴィル伯爵チャールズ・ベネットとメアリー・グレイ(初代タンカーヴィル伯爵フォード・グレイ英語版の娘)の息子として生まれた[1]

1722年5月21日に父が死去すると、タンカーヴィル伯爵の爵位を継承した[1]。1730年5月16日にシッスル勲章を授与され[2]、1733年にバックハウンド管理長官英語版に任命された後[3]、1740年2月14日から1753年3月14日までノーサンバーランド統監英語版を務めた[4]

1753年3月14日に死去、長男チャールズが爵位を継承した[1]

家族編集

カミラ・コルヴィル(Camilla Colville、1775年没[3]、エドワード・コルヴィルの娘)と結婚、2男1女をもうけた[1]

  • チャールズ(1716年 – 1767年) - 第3代タンカーヴィル伯爵
  • ジョージ(1727年 – 1799年)

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1961.
  2. ^ Haydn, Joseph Timothy (1890). The Book of Dignities (英語). London: W. H. Allen and Co. p. 747.
  3. ^ a b Sharpe's Peerage of the British Empire (英語). 2. London: John Sharpe. 1830. pp. 6B2–6B3.
  4. ^ Sainty, John Christopher (November 2002). "Custodes Rotulorum 1660-1828". Institute of Historical Research (英語). 2019年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月13日閲覧
公職
先代:
フランシス・ネガス英語版
バックハウンド管理長官英語版
1733年 – 1737年
次代:
ラルフ・ジェニソン英語版
名誉職
先代:
スカーバラ伯爵
ノーサンバーランド統監英語版
1740年 – 1753年
次代:
ノーサンバーランド伯爵
グレートブリテンの爵位
先代:
チャールズ・ベネット
タンカーヴィル伯爵
1722年 – 1753年
次代:
チャールズ・ベネット