チュレア鉄道事故

チュレア鉄道事故(チュレアてつどうじこ)とは1917年1月13日ルーマニアチュレア英語版駅で発生した列車脱線火災事故である。この駅はヤシ-ブルラド英語版間にある列車交換のための待避線を備えた駅だった。この事故で600人[1]~1000人[2]の乗客が死亡した[3]

チュレア鉄道事故
事故で破壊された客車
事故で破壊された客車
発生日 1917年1月13日
 ルーマニア
場所 チュレア駅
事故種類 列車脱線
火災事故
原因 ブレーキ故障
統計
列車数 1
死者 600〜1,000人
テンプレートを表示

事故の経過編集

ブルラドからチュレアへ接近中に線路はブルノバ英語版とチュレアの間で長さ約10マイル (15km) の急勾配を下っていた。この勾配は40分の1の傾斜であるが[3]所により15分の1 (6.7%) まで増加していた[1]。午後1時、負傷したロシア兵[3]フォン・マッケンゼン軍の進軍から逃れる難民を乗せた列車(2両の機関車+26両の客車)はブルノバを発車した[3][2]。乗客は列車の屋根や緩衝器より上の客車と客車の間にも乗っていた[4]。列車が走行中に兵士が自動空気ブレーキのブレーキ管コックを閉めたため列車のブレーキが作動しなくなった[4]。客車間に接続されているブレーキ管は乗客が踏んでいたため損傷していた[3]。列車が勾配を下り始めた時、運転士空気ブレーキ (the Westinghouse brake) が作動せず、また客車上のブレーキをかけられないことに気づいた。2両の機関車の制動力では急加速する列車を減速させるには不十分であった[3][4]。機関車の逆転機を後進に入れまた線路上の車輪のグリップを増加させるために砂撒き装置を作動させたにもかかわらず、列車の乗務員は列車を減速させることができなかった[3]。勾配のふもとにあるチュレア駅の直進方向には他の列車が停車しており[4]、暴走列車は進行方向右側の待避線に高速で進入した[2][4]。列車は脱線し26両の客車のうち2両のみが線路上に残った[2]。その後火災が発生し列車は全焼し、ねじれた鉄の山となった[4]

引用文献編集

  1. ^ a b Marx, Lawson Billinton p. 81
  2. ^ a b c d Botez, Epopeea Feroviară Românească
  3. ^ a b c d e f g Wolmar, Engines Of War p.219
  4. ^ a b c d e f Marx, Lawson Billinton p. 83

参考文献編集

  • Botez, Constantin (1977). Epopeea Feroviară Românească. Bucureşti, Rumania: Editura Sport-Turism 
  • Marx, Klaus (2007). Lawson Billinton; A Career Cut Short. Usk, UK: Oakwood Press. ISBN 978-0-85361-661-0 
  • Wolmar, Christian (2010). Engines Of War; How Wars Were Won & Lost On The Railways. London, UK: Atlantic Books. ISBN 978-1-84887-172-4 

外部リンク編集

座標: 北緯47度03分27秒 東経27度34分18秒 / 北緯47.05750度 東経27.57167度 / 47.05750; 27.57167