チロ・アドルフィ

チロ・アドルフィ1683年 - 1758年)は、バロック時代のイタリア画家で、ベルガモとその周辺で活躍した。

経歴編集

彼は、画家のジャコモ・アドルフィの弟としてベルガモで生まれ、最初は父親のベネデット・アドルフィから教えられた。彼はベルガモの教会や公共の建物で、サンタレッサンドロデッラクローチェ教会の4人の福音書記者やサンタマリアデッラグラツィエのための十字架からの寄託、そしてコロニョーラの教区教会のための聖ヨハネの断頭のフレスコ画を描いた。

参考文献編集