ティモ (ヴェッティン伯)

ヴェッティン伯ティモ(Thimo, Graf von Wettin(1034年以前 - 1091/1118年)は、ラウジッツ辺境伯ディートリヒ1世とマティルデ・フォン・マイセンの間の息子。『ナウムブルク年代記』によるとティモは1091年3月9日に死去したとされるが、他の文献では1118年までは生存していたとする。ペツォールド(Stefan Pätzold)によると、死去年は1101年頃以降とされる。ティモはバイエルン公オットー・フォン・ノルトハイムの娘イダと結婚した。ティモはヴェッティン城から「ヴェッティン」の名を用いた最初の人物である。

ティモ・フォン・ヴェッティン
Thimo von Wettin
ヴェッティン伯

出生 1034年以前
死去 1091/1118年
配偶者 イダ・フォン・ノルトハイム
子女 デド4世
コンラート1世
マティルデ
家名 ヴェッティン家
父親 ラウジッツ辺境伯ディートリヒ1世
母親 マティルデ・フォン・マイセン
テンプレートを表示

子女編集

ティモはオットー・フォン・ノルトハイムの娘であるイダと結婚し、3人の子供をもうけた。

  • デド4世(1086年 - 1124年)- ヴェッティン伯
  • コンラート1世(1098年頃 - 1157年) - マイセン辺境伯
  • マティルデ(? - 1125年) - ゼーブルク伯ゲロと結婚、のちヴィプラ伯ルートヴィヒと結婚

参考文献編集

  • Wolfgang Hartmann: Vom Main zur Burg Trifels – vom Kloster Hirsau zum Naumburger Dom. Auf hochmittelalterlichen Spuren des fränkischen Adelsgeschlechts der Reginbodonen (= Veröffentlichungen des Geschichts- und Kunstvereins Aschaffenburg e. V. Bd. 52). Geschichts- und Kunstverein Aschaffenburg, Aschaffenburg 2004, ISBN 3-87965-098-5.
  • Stefan Pätzold: Die frühen Wettiner. Adelsfamilie und Hausüberlieferung bis 1221 (= Geschichte und Politik in Sachsen. Bd. 6). Böhlau, Köln u. a. 1997, ISBN 3-412-08697-5 (Zugleich: Göttingen, Universität, Dissertation, 1996).
  • Otto Posse (Hrsg.): Die Wettiner. Genealogie des Gesammthauses Wettin Ernestinischer und Albertinischer Linie mit Einschluss der regierenden Häuser von Grossbritannien, Belgien, Portugal und Bulgarien. Giesecke & Devrient, Leipzig u. a. 1897, (Reprint der Original-Ausgabe Leipzig, Berlin, Giesecke & Devrient, 1897. Mit Berichtigungen und Ergänzungen der Stammtafeln bis 1993 von Manfred Kobuch. Zentralantiquariat Leipzig, Leipzig 1994, ISBN 3-7463-0171-8).