メインメニューを開く

フランク・ティルマン・ダーディン英語: Frank Tillman Durdin, 1907年3月30日 - 1998年7月7日)は、アメリカ合衆国ジャーナリストニューヨーク・タイムズ海外特派員[1]日中戦争南京戦における南京事件について報道したことでも有名[1]。インドシナのヨーロッパ植民地の崩壊や、中華人民共和国の成立なども報道し、1971年にはアメリカ人で初の入国ビザを得た[2]

目次

経歴編集

テキサス州エルクハート生まれ[2]テキサスクリスチャン大学卒業後、テキサスとカリフォルニア州の新聞記者となった。1930年から1937年にかけて中国の英語新聞を編集した[1]

1937年から1961年までニューヨーク・タイムズのアジア、アフリカ、ヨーロッパ特派員となり、国共内戦太平洋戦争第一次インドシナ戦争を取材した[3]。台湾の二・二八事件を妻のペギーと報道した[4]タイムズ編集委員を経て1964年から1967年までオーストラリア南西太平洋特派員となり、バングラデシュ独立などを報道し、1974年に退職するまで香港支局長となった[1]

南京事件の報道編集

南京戦で日本軍が南京を占領すると、12月15日にアメリカ海軍艦船オアフ (USSOahu PR-6) で南京を離れた。ダーディンの記事は南京事件について最も早いものであると同時に、最も重要な記事の1つともされた[5]

著書編集

  • China and the world,Foreign Policy Association,1953
  • Southeast Asia,Atheneum,1965
  • The New York Times report from Red China, Quadrangle Books,1971

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集