ティンマ・ラージャ2世

ティンマ・ラージャ2世(Timma Raja II, 1507年以前 - 1572年)は、南インドカルナータカ地方マイソール王国の君主(在位: 1553年 - 1572年)。

生涯編集

1553年2月17日、父チャーマ・ラージャ3世が死亡したことにより、ティンマ・ラージャ2世が王位を継承した[1]

その治世、1565年1月に主家であるヴィジャヤナガル王国ターリコータの戦いデカン・スルターン朝に敗北し、徐々に衰運の道を歩むこととなった。

1572年、ティンマ・ラージャ2世は死亡し、弟のチャーマ・ラージャ4世が王位を継承した[2]

出典・脚注編集

  1. ^ Mysore 2
  2. ^ Mysore 2

関連項目編集