テオカリteocalli、ナワトル語で「神の家」)はメソアメリカのピラミッドが載っている寺。

The teocalli of Cholula

ピラミッドは段々になっており、コロンブス以前の メキシコで最も重要な宗教的儀式のいくつかは、ピラミッドの上部にある寺院で行われた。

代表的なテオカリとして、アステカのヒューイ・テオカリ(Huey Teuccalli 「本堂」)は、アステカ帝国の首都テノチティトランに西暦1325年頃建設されたテンプロ・マヨールにある、階段状ピラミッドである。

戦の神ウィツィロポチトリ、農耕の神トラロックが祀られていた。

完成から5回ほど改修が加えられたが、コルテス率いるコンキスタドールことスペイン人たちによって破壊され、朽ち果てたいくつかの遺構以外は、見られない。[1]

[スペイン名 インプロ・マヨール]

出典編集

  1. ^ ヒューイ・テオカリ - 遺産とプロジェクト - シヴィロペディア - シヴィライゼーション VI” (日本語). www.civilopedia.net. 2021年7月29日閲覧。