テトラクォークとは、2つのクォークと2つの反クォークから構成されるメソンである。量子色力学は2つのクォークと2つの反クォークによって白色状態を構成するテトラクォーク中間子を許容する。しかし、現在のところテトラクォークを発見したという確実な報告はまだない。

2003年、日本のBelle実験のグループは、X(3872)と仮名の付けられた粒子をテトラクォークの候補として発表した[1]。Xという名前は、内部構造が不明であることを示している。その後の数字は粒子の質量をMeV単位で表している。

2004年にフェルミ国立加速器研究所が発見したDSJ(2632)という状態はテトラクォークの候補とされた。

2007年、日本のBelle実験のグループから、Z+(4430)という電荷を帯びたテトラクォーク候補が報告された。Z+(4430)はチャーモニウムに似た性質を持つが電荷を帯びているため純粋なチャーモニウム状態ではありえず、存在が確定すればテトラクォーク状態であることが量子数から保証される。ただし、米国の BaBar 実験では追認されず存否は確定していない。また、ボトムクォーク系での同様の荷電テトラクォーク候補として、Zb+(10610)Zb+(10650)がBelle実験から2011年に報告されている。

2009年3月17日、フェルミ国立加速器研究所はY(4140)という仮名を付けられたテトラクォークを発見したと発表した。この粒子はジェイプサイ中間子ファイ中間子に崩壊したため、チャームクォークストレンジクォークおよびそれぞれの反粒子から構成されていると考えられている[2]

2013年には日本のBelle実験および中華人民共和国BESIII実験の共同研究により、Y(4260)の崩壊を観測し、Zc(3900)を発見した。この粒子は中間子分子ではなくテトラクォークである可能性がある[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集