デイヴィッド・ミラー (哲学者)

 

デビッド・W・ミラーDavid W. Miller1942年8月19日 - )は、イギリス哲学者

カール・ポパーの影響を受けた批判的合理主義者[1]

ウォーリック大学哲学部準教授(Reader)[2]イギリス科学哲学協会(British Society for the Philosophy of Science)名誉監査役。

彼はケンブリッジのウッドブリッジスクールとピーターハウスで教育を受けた。

1964年には、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで論理学と科学的方法を学び、カール・ポパーの助手となった[3][4]

デイヴィッド・ミラーの本編集

  • Croquet and How to Play It with Rupert Thorp, 1966
  • Popper Selections, 1985
  • Critical Rationalism: A Restatement and Defence, 1994
  • Out of Error: Further Essays on Critical Rationalism, 2006

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Miller, David W. (1994). Critical rationalism: a restatement and defence. La Salle, Ill: Open Court. ISBN 0-8126-9198-9 
  2. ^ University of Warwick | Philosophy | Associates | David Miller”. 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月6日閲覧。
  3. ^ Miller, D. (1997). “Sir Karl Raimund Popper, C. H., F. B. A. 28 July 1902--17 September 1994.: Elected F.R.S. 1976”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 43: 369–409. doi:10.1098/rsbm.1997.0021. 
  4. ^ Miller, David W. (2006). Out of error: further essays on critical rationalism. Aldershot, Hants, England: Ashgate. ISBN 0-7546-5068-5 

外部リンク編集