Deus vult(デウス・ウルト、バリエーション:Deus le volt, Dieux el volt; Deus id vult, Deus hoc vultなど[1])とは、「神がそれを望まれる」を意味するラテン語である。

1095年初期イスラムの征服英語版に対する正教会の防衛要請によって行われたクレルモン教会会議において、ローマ教皇ウルバヌス2世の『第1回十字軍による宣戦布告』の際に民衆があげた歓声である[2]

その他の利用編集

十字軍鬨の声としても使用された。後期ラテン語のDeus lo Vult(デウス・ル・ウルト)は、カトリック騎士団であるエルサレム聖墳墓騎士団モットーとしても掲げられている。

Deus vult(デウス・ウルト)というハッシュタグインターネットミームは、キリスト教圏とイスラム教圏の文化対立を示すワードとしてオルタナ右翼が好んで使用し広まった[3][4]

関連用語編集

  • インシャ・アッラーイスラム教の用語で、「アラーの御心のままに」、又は「神が望めば」や「神の思し召しがあれば」の意。
  • Crusader Kings:十字軍の戦いを再現したゲーム、拡張パックの名称に「Deus vult」が採用された。

出典編集

  1. ^ Mrs. William Busk, Mediaeval Popes, Emperors, Kings, and Crusaders, Or, Germany, Italy, and Palestine, from A.D. 1125 to A.D. 1268, Volume 1 (1854), 15, 396.
  2. ^ Morwood, J: A Dictionary of Latin Words and Phrases, page 46. Oxford University Press, 1998
  3. ^ The Alt-Right and Medieval Religions”. Berkeley Center for Religion, Peace and World Affairs. Georgetown University. 2019年7月25日閲覧。
  4. ^ Scholars Say White Supremacists Chanting 'Deus Vult' Got History Wrong”. NPR. National Public Radio. 2019年7月25日閲覧。