メインメニューを開く

デオキシグアノシン三リン酸(Deoxyguanosine triphosphate[1]、dGTP)は、ヌクレオシド三リン酸であり、DNA複製に用いられるヌクレオチドの前駆体である。この物質は、シークエンスクローニングにおけるポリメラーゼ連鎖反応に用いられる。また、単純ヘルペスウイルスの治療に用いられるアシクロビル競合阻害する[2]

デオキシグアノシン三リン酸
識別情報
PubChem 65103
ChemSpider 58613 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL477486 ×
特性
化学式 C10H16N5O13P3
モル質量 507.181023
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

出典編集

  1. ^ Nelson, David L.; Cox, Michael M. (2005), Principles of Biochemistry (4th ed.), New York: W. H. Freeman, ISBN 0-7167-4339-6
  2. ^ Furman PA, Lambe CU, Nelson DJ (July 1982). “Effect of acyclovir on the deoxyribonucleoside triphosphate pool levels in Vero cells infected with herpes simplex virus type 1”. Am. J. Med. 73 (1A): 14–7. doi:10.1016/0002-9343(82)90056-0. PMID 6285704.