メインメニューを開く

デスゾーンとは、人間が生存できないほど酸素濃度が低い高所の領域を指す登山用語。標高が8,000mでは、空気中の酸素濃度は地上の約3分の1となる。この領域をヒマラヤ山脈8000メートル峰に挑戦する登山家がデスゾーンと呼んでいる[1]。デスゾーンでは人体は高所順応せず、酸素が補充されるよりも早く酸素の蓄えを消費する[2]酸素ボンベなしでデスゾーンに長時間滞在すると身体機能の悪化や意識の低下が起こり、最終的には死に至る。「デスゾーン」という言葉は、1952年にスイス人医師エドゥアール・ヴィース・デュナンによって、彼が書いた本の中で初めて用いられた[3]

関連図書・映画編集

  • 『デスゾーン8848m エヴェレスト大量遭難の真実』 角川書店、1998年、ISBN 4-047913049
  • 『デスゾーン/奇跡の生還』 アメリカ映画、2000年、マイケル・スィッツァ(監督)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ バース・デイの過去のオンエア(2010年1月25日) TBSテレビ、2011年1月8日閲覧。
  2. ^ 高山病と高所順化 パタゴニア(南米トレッキング情報)、2011年1月8日閲覧。
  3. ^ Schott, Ben (2010年1月9日). “Death Zone”. New York Times. http://schott.blogs.nytimes.com/2010/04/28/death-zone/ 

関連項目編集