メインメニューを開く

デソニド(Desonide)は、1970年代から用いられてきた、弱い局所的副腎皮質ホルモン国際一般名である。成人及び子供のアトピー性皮膚炎脂漏性湿疹接触皮膚炎乾癬の治療に主に用いられている。安全性はかなり高く[1]、Verdeso Foamの商標で、クリーム、軟骨、ローション等の形で入手できる。アメリカ合衆国では、2番目に弱いグループのVI類の副腎皮質ホルモンに分類される。

デソニド
Desonide.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Desowen
Drugs.com monograph
MedlinePlus a605025
胎児危険度分類
  • US: C
投与方法 topical
識別
CAS番号
638-94-8 チェック
ATCコード D07AB08 (WHO) S01BA11 (WHO)
PubChem CID: 12536
DrugBank DB01260 チェック
ChemSpider 4470603 チェック
UNII J280872D1O チェック
KEGG D03696  チェック
ChEBI CHEBI:204734 チェック
ChEMBL CHEMBL1201109 ×
別名 (11β,16α)-11,21-Dihydroxy-16,17-[(1-methylethylidene)bis(oxy)]-pregna-1,4-diene-3,20-dione
化学的データ
化学式 C24H32O6
分子量 416.507 g/mol
テンプレートを表示

出典編集

  1. ^ Wong, Vicky Kwan; Brian Fuchs, Mark Lebwohl (2004). “Overview on desonide 0.05%: a clinical safety profile”. Journal of Drugs in Dermatology: JDD 3 (4): 393–7. PMID 15303783.