デビッド・ラメルハート

デビッド・ラメルハートDavid E. Rumelhart, 1942年6月12日 - 2011年3月3日)は、アメリカ認知心理学者でニューラルネットワークの研究者。ルーメルハートとも表記される。1967年からカリフォルニア大学サンディエゴ校で教職に就き、1989年からスタンフォード大学の教授を務めた。ニューラルネットワークの研究、特にバックプロパゲーションと、ジェームズ・マクレランドらとともに提唱したPDPモデルが知られる。[1]

ニーマン・ピック病を患い、1998年にスタンフォード大学から退職。[2]

2001年に「人間の認知の理論的基礎への貢献を称えるデビッド・E・ラメルハート賞」がラメルハートの業績を称えて創設された。

文献編集

  1. ^ Rumelhart, David E.; Hinton, Geoffrey E., Williams, Ronald J. (8 October 1986). “Learning representations by back-propagating errors”. Nature 323 (6088): 533–536. doi:10.1038/323533a0. 
  2. ^ https://cognitivesciencesociety.org/rumelhart-prize/