メインメニューを開く

デルピュネー古希: Δελφύνη, Delphynē)は、ギリシア神話に登場する怪物である[1]長母音を省略してデルピュネとも表記される[1]。上半身は人間の女性で、下半身はまたはドラゴンの姿をしている[2]

神話編集

ゼウステューポーンが戦いテューポーンが勝利した時、テューポーンはゼウスの手足の腱を切りコーリュキオン英語版と呼ばれる洞窟に隠したが、この洞窟の番人をしていたのがデルピュネーである[2][3]。また、コーリュキオンの洞窟にはゼウスを閉じこめて腱は熊の毛皮に隠し、その番をデルピュネーにさせたともいわれる[3]

デルピュネーが、ヘルメースパーンに騙されてゼウスの腱を奪われた[2][4]結果、テューポーンは回復したゼウスと再度戦い敗北することとなった[4]

デルポイ神託所との関わり編集

デルポイの神託所を守護していた怪物ピュートーンアポローンに倒される話があるが、ピュートーンとはデルピュネーを指しているのではないかとも考えられている[5]。その説によれば、デルポイという地名は彼女の名から取られたのだという[6]。また、神託所では大地母神をデルピュネーと呼んで女神として崇め、ピュートーンと共に祀っていた[5]とも、ピュートーンの前に神託所の番人をしていたのがデルピュネーだ[2]とも言われている。

他の説では、神託所で神託の儀式を執り行っていた巫女たちの一人がデルピュネーであり、アポローンは神託所を手中に置くためにデルピュネーを殺害した[5]とも、神託所を支配していたデルピュネーが生け贄と引き換えに予言を授けていたがアポローンに退治されたとも言われている[2]。また、デルポイを支配していたのはデルピュネース(Delphynes)という半身半竜の男だったという説もある[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ギリシア・ローマ神話事典』367頁。
  2. ^ a b c d e f 幻獣ドラゴン』219頁。
  3. ^ a b 幻獣ドラゴン』184-185頁。
  4. ^ a b 幻獣ドラゴン』186頁。
  5. ^ a b c 図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』117頁。
  6. ^ 幻想動物事典』207頁。

参考文献編集

  • グラント, マイケル、ヘイゼル, ジョン『ギリシア・ローマ神話事典』西田実ほか訳、大修館書店、1988年7月。ISBN 978-4-469-01221-7
  • 苑崎透『幻獣ドラゴン』新紀元社〈Fantasy world 1〉、1990年7月。ISBN 978-4-915146-28-2
  • 草野巧『幻想動物事典』新紀元社〈ファンタジー事典シリーズ〉、1997年5月。ISBN 978-4-88317-283-2
  • 松平俊久「デルピュネ」『図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』蔵持不三也監修、原書房、2005年3月、117頁。ISBN 978-4-562-03870-1