トッカータ (プロコフィエフ)


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

トッカータ ニ短調 作品11 は、セルゲイ・プロコフィエフシューマンの『トッカータ』に着想を得て、1912年に作曲したピアノ独奏曲。従来のリズミカルのそれとは異なり、極めて無機的である。ハイレベルを要求するが、プロコフィエフの代表作であり、演奏頻度にも恵まれている。初演は1916年11月27日ペトログラード音楽院小ホールにて作曲者の演奏で『サルカスム』(作品17)と共に行われ、反響を呼んだ。作曲者自身によるピアノロールへの吹きこみが残されているが、一部音をカットしている(ピアノロールが不得手としている同音連打が多用されているため、正確な演奏の記録とは言い辛いという面もある)。演奏時間は約4分半。

調性に関して、無調性音楽と捉え「ハ長調」と表記する文献が存在するが、実際には調号(♭1つ)が存在する「ニ短調」である。

参考文献編集

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー プロコフィエフ(音楽之友社

外部リンク編集