トップフリーダム

トップフリーダム(Topfreedom)は、男女同権の一形態として、男性が半裸になることが許可されている公共の場所で、女性がトップレスになることを可能にする法律の変更を求める文化的および政治的運動。具体的には、この運動は、公の場で胸を露出させる女性の権利を制限する法律の廃止または覆すことを求めている。

男性が上半身裸になることができる場所なら、女性も上半身裸になることができる権利を求めて抗議する女性のグループ。2011年のカリフォルニア州ヴェニス
フィンランドヘルシンキのビーチで、トップレスの女性と男性のグループが、日光浴のためにトップレスになった女性がヒュヴィンカーのビーチから追い出された後に抗議した[1]

また、トップフリーダムの支持者たちは、母親が公共の場で公然と母乳育児を行えるようにすることを求めている。

参考文献編集

関連項目編集