トマス・ホークス・タナー

イングランドの医師、作家

トマス・ホークス・タナー英語: Thomas Hawkes Tanner, 1824年7月9日 - 1871年7月7日)は、イングランド医師作家

トマス・ホークス・タナー
Thomas Hawkes Tanner
Thomas Hawkes Tanner 1868.jpg
トマス・ホークス・タナー(1868年
生誕 (1824-07-09) 1824年7月9日
イングランドの旗 イングランドロンドン
死没1871年7月7日(1871-07-07)(46歳)
イングランドの旗 イングランドブライトン
国籍イングランド
職業医師
作家

生涯編集

1824年、陸軍軍医長官をやっていたトマス・タナー( Thomas Tanner )の息子として生まれた。チャーターハウス・スクールCharterhouse School )に通い、同校で教育の大部分を受けた。ここである深刻な事故に遭遇し、その事故が長年に亘って彼の身体に影響を及ぼし続けた[1]

1843年キングス・カレッジ・ロンドンKing's College London )にて、医学の勉強を始める。1847年セント・アンドルーズ大学St. Andrews University )を卒業し、医学博士の学位を取得する。

シャーロット・ストリート( Charlotte Street )にて総合診療を開始し、その後まもなく、フェアリンドン・ストリート( Farringdon Street )にある診療所の医師となる。1850年、王立内科医協会( Royal College of Physicians )の一員として登録され、専門医として働き始めた[1]1851年、ソーホー・スクウェア( Soho Square )にある女性向けの病院の婦人科の医師として働きつつ、ウエストミンスター病院( Westminster Hospital )にて法医学の講義も受け持つようになる。1858年、ロンドン産科学会( Obstetrical Society of London )の設立に携わり、その参事を務める[1]

1860年、キングス・カレッジ・ロンドンの評議会は、女性と子供の病気を担当する医療専門職に従事する人間を2人指名した。そのうちの1人にタナーが、もう1人にはアルフレッド・メドウズ( Alfred Meadows )が選ばれた。だが、仕事が増えることへの精神的重圧から、1863年に辞任した[1]。タナーはたくさんの仕事をこなしたが、多すぎる量の仕事には対応しきれなかった。

タナーはロンドンを去り、1871年7月、ブライトンBrighton )で亡くなった[1]

タナーは医師であると同時に、多作家でもあった。1854年に出版した『A Manual of the Practice of Medicine』(『実践医療の手引書』)は、アメリカとイギリスで大いに売れた。サー・ウィリアム・ヘンリー・ブロードベント( Sir William Henry Broadbent )は、タナーの死後の1875年、同書の第7版および改訂版を2巻分の本として発行した。

参考編集

  1. ^ a b c d e Lee, Sidney, ed. (1898). "Tanner, Thomas Hawkes" . Dictionary of National Biography (英語). 55. London: Smith, Elder & Co.

  この記事はパブリックドメインの辞典本文を含む: Lee, Sidney, ed. (1898). "Tanner, Thomas Hawkes". Dictionary of National Biography (英語). 55. London: Smith, Elder & Co.

外部リンク編集