メインメニューを開く
トミュリス女王(ティアラをした左から6人目の女性)
ピーテル・パウル・ルーベンス

トミュリスTomyris)は、紀元前530年頃の人物で、中央アジアカスピ海東岸に勢力を有していたマッサゲタイ族の女王である。ペルシア語では تهم‌رییش と記される。

概要編集

トミュリスとその息子でマッサゲタイ族の軍隊の長であったスパルガピセス英語版の名前はイランに起源を持つものである。しかし、トミュリスを最初に書いた歴史家ギリシア人であったため、それ以来、トミュリスの名前はギリシア風に呼ぶことが多い。

その最初の歴史家であるヘロドトスは自著歴史でトミュリスに関して、「マッサゲタエ族の国を侵略したアケメネス朝ペルシアの王キュロス2世率いるペルシア軍を破り、キュロスを殺害した」と記している。なお、ヘロドトスはトミュリスの生きた時代から100年後の人物である。トミュリスについての歴史は伝説となり、ヘロドトスより更に後世のギリシア・ローマの文筆家であるストラボンポリュアイノスen)、カッシオドルスen)、ヨルダネスらもトミュリスについて記している。

ヘロドトスによると、ペルシアはマッサゲタイ族との初めの戦いに敗れたため、キュロス自らが滅ぼしたリュディア王国の最後の王であり、臣下としたクロイソスの献策を受け入れて、貧しかったマッサゲタイ族を誘惑するために豪華な食事と酔い気を起こすハシシ(Hashish)と雌馬のミルクを戦場に置いて、これを飲ませるように仕組んだ。それに見事に嵌ったマッサゲタイ軍が酔っ払ったところを、ペルシア軍は一方的に虐殺、スパルガビセスを捕虜とした。後にスパルガビセスはそれを恥じて自殺して果てた。

ペルシアの騙し討ちとスパルガビセスの死を知ったトミュリスはキュロスに対して、戦闘を仕掛け、激しい戦いの後にマッサゲタイ軍はペルシア軍を打ち負かして、この戦いでキュロスは戦死した。キュロスの遺体を見つけたトミュリスはキュロスの首を落として、次のように語った。

「私は生き永らえ戦いにはそなたに勝ったが、所詮はわが子を謀略にかけて捕らえたそなたの勝ちであった。さあ約束通りそなたを血に飽かせてやろう。」(ヘロドトス『歴史』1-214)[1]

なお、トミュリスの逸話はピーテル・パウル・ルーベンスギュスターヴ・モローなどの西洋の画家や芸術家たちの題材ともなった。

参考編集

  • ヘロドトス著、松平千秋訳 『歴史(上)』、岩波文庫
  • Orosius, Historiae adversus paganos II.7
  • Justtinus, Epitome Historiarum philippicarum Pompei Trogi I.8

脚注編集

  1. ^ ヘロドトス、松平千秋訳、上巻p158