トルコ航空278便墜落事故

1994年にトルコで発生した航空事故

トルコ航空278便墜落事故は、1994年12月29日トルコヴァンで発生した航空事故である。エセンボーア国際空港からヴァン・フェリト・メレン空港へ向かっていたトルコ航空278便(ボーイング737-4Y0)が最終進入中に空港手前の雪山に墜落し、乗員乗客76人中57人が死亡した[1]。この事故は当時、ボーイング737-400で発生した航空事故として最悪のものだった[2]

トルコ航空 278便
Boeing 737-4Y0, Turkish Airlines JP171975.jpg
1994年7月に撮影された事故機
事故の概要
日付 1994年12月29日
概要 パイロットエラーによるCFIT
現場 トルコの旗 トルコ ヴァン県 ヴァン・フェリト・メレン空港付近
北緯38度24分00秒 東経43度13分48秒 / 北緯38.40000度 東経43.23000度 / 38.40000; 43.23000座標: 北緯38度24分00秒 東経43度13分48秒 / 北緯38.40000度 東経43.23000度 / 38.40000; 43.23000
乗客数 69
乗員数 7
負傷者数 19
死者数 57
生存者数 19
機種 ボーイング737-4Y0
機体名 Mersin
運用者 トルコの旗 トルコ航空
機体記号 TC-JEP
出発地 トルコの旗 エセンボーア国際空港
目的地 トルコの旗 ヴァン・フェリト・メレン空港
テンプレートを表示

飛行の詳細編集

事故機編集

事故機のボーイング737-4Y0(TC-JEP)は、1992年に製造番号26074/2376として製造された[1][3]。同年9月25日に初飛行を行っており、2基のCFMインターナショナル CFM56-3C1を搭載していた[4][5]

乗員乗客編集

事故機には7人の乗員と2人の子供を含む乗客69人が搭乗していた[6]。乗員2人と乗客17人が墜落を生き延びた[1]

事故の経緯編集

事故当時、吹雪のため視程が300mまで低下していたため、管制官はDME/VOR進入を行わないよう278便に警告していた。しかしパイロットはこれを無視し、進入を継続していた。EET15時30分、278便はヴァン・フェリト・メレン空港から4km手前の標高5,700フィート (1,700 m)の丘に激突した[1][6][7]

この事故は当時、ボーイング737-400で発生した航空事故としては最悪のものだった。2020年5月現在でも、アダム航空574便墜落事故に次いで死者数の多い事故となっている[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Ranter, Harro. “Aircraft accident description”. aviation-safety.net. Aviation Safety Network. 2009年1月1日閲覧。
  2. ^ a b Boeing 737-400 Accident list: Boeing 737-400”. Aviation Safety Network. 2009年1月4日閲覧。
  3. ^ CRASH OF A BOEING 737-4Q8 IN CEYHAN: 6 KILLED”. Bureau of Aircraft Accidents Archives. 2009年1月4日閲覧。
  4. ^ Boeing 737 MSN 26074”. airfleets.net. Air Fleets. 2009年1月1日閲覧。
  5. ^ TC-JES Turkish Airlines Boeing 737-4Y0 – cn 26074 / ln 2376 – Planespotters.net Just Aviation”. Planespotters.net. 2014年1月13日閲覧。
  6. ^ a b Aralık 1994” [December 1994] (Turkish). Governmental Press and Information Office. 2002年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月1日閲覧。
  7. ^ Turkey crash”. Flight Global (1995年1月4日). 2009年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月1日閲覧。