メインメニューを開く

トレミフェンクエン酸塩(Toremifene citrate)は経口選択的エストロゲン受容体調節薬英語版(SERM)の一つであり、体内で抗エストロゲン作用を発揮する。日本では「閉経後乳癌」治療薬として1995年3月に承認された[1]。米国では進行(転移性)乳癌治療薬として1997年5月に承認された[2]:Approval History前立腺癌治療薬としての効果も検討されている[3]。商品名フェアストン

トレミフェン
Toremifene.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com monograph
MedlinePlus a608003
薬物動態データ
血漿タンパク結合 more than 99.5%
半減期 5 days
識別
CAS番号
89778-26-7 チェック
ATCコード L02BA02 (WHO)
PubChem CID: 3005573
IUPHAR/BPS 4325
DrugBank DB00539en:Template:drugbankcite
ChemSpider 2275722 チェック
UNII 7NFE54O27T チェック
KEGG D08620 en:Template:keggcite
ChEBI CHEBI:9635en:Template:ebicite
ChEMBL CHEMBL1655en:Template:ebicite
化学的データ
化学式 C26H28ClNO
分子量 405.959 g/mol
テンプレートを表示

目次

禁忌編集

トレミフェンは下記の患者に禁忌である[4]

  • 妊婦または妊娠している可能性のある婦人および授乳婦
  • QT延長またはその既往歴のある患者(先天性QT延長症候群等)
  • 低カリウム血症の患者
  • クラスIA(キニジン、プロカインアミド等)またはクラスIII(アミオダロン、ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者

副作用編集

重大な副作用に挙げられているものは、脳梗塞、肺塞栓、血栓塞栓症、静脈炎、血栓性静脈炎、肝機能障害、黄疸、子宮筋腫である[4]

QT延長症候群を起こすおそれがある。

臨床開発編集

2007年、2本の第III相臨床試験が実施された。1本は進行性前立腺がんに対するアンドロゲン遮断療法英語版(ADT)で生じる重篤な副作用(特に椎骨・脊椎骨折、一過性熱感英語版、脂質異常症、女性化乳房)の治療に関する要となる試験であり、もう1本は前立腺癌のリスクの高い男性および悪性度の高い前立腺上皮内腫瘍英語版(PIN)の前立腺癌予防薬としての重要な試験であった[5]

前立腺癌の予防効果については2010年5月、偽薬に対する優位性を示せなかった事が発表された[6]

アンドロゲン遮断療法中の骨折予防薬として2009年2月に米国で承認申請が受理された[7][8]が、同年10月にさらなる臨床データが必要であると判断され、第三相臨床試験をもう1本実施するよう指示された[9]

出典編集

  1. ^ フェアストン錠40/フェアストン錠60 インタビューフォーム”. 日本化薬 (2015年7月). 2015年9月6日閲覧。
  2. ^ Toremifene Citrate”. Drug.com. 2015年9月6日閲覧。
  3. ^ Price N, Sartor O, Hutson T, Mariani S. (2005-03). “Role of 5a-reductase inhibitors and selective estrogen receptor modulators as potential chemopreventive agents for prostate cancer.”. Clin Prostate Cancer 3 (4): 211-4. doi:10.1016/S1540-0352(11)70089-0. PMID 15882476. 
  4. ^ a b フェアストン錠40/フェアストン錠60 添付文書” (2014年8月). 2015年9月6日閲覧。
  5. ^ “GTx's Phase III Clinical Development of ACAPODENE on Course Following Planned Safety Review” (プレスリリース), GTx Inc., (2007年7月12日), http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=148196&p=irol-newsArticle&ID=1025420&highlight= 2006年7月14日閲覧。 
  6. ^ GTx、トレミフェンのフェーズIII試験失敗 高リスク前立腺癌男性に対する予防の適応”. MSAパートナーズ (2010年5月28日). 2015年9月6日閲覧。
  7. ^ “GTx Announces Toremifene 80 mg NDA Accepted for Review by FDA” (プレスリリース), http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=148196&p=irol-newsArticle&ID=1257471&highlight= 
  8. ^ アンドロゲン遮断療法中の前立腺癌患者の骨折予防にトレミフェンを米国で申請”. 日経メディカル (2009年1月7日). 2015年9月6日閲覧。
  9. ^ GTx and Ipsen End Prostate Cancer Collaboration due to Costs of FDA-Requested Phase III Study” (2011年3月2日). 2015年9月6日閲覧。