メインメニューを開く

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード(Tre Cime di Lavaredo)は、イタリアドロミーティにある標高2999 mの岩山群である。短縮してトレ・チーメとも呼ばれる。3つのピークという意味で3 Cimeとも表記される。ドイツ語ではドライ・チンネン(Drei Zinnen)と呼ばれる。イタリア共和国のヴェネト州トレンティーノ=アルト・アディジェ州の境に位置する。トレ・チーメ自然公園(parco naturale Tre Cime)[1][2]の中核を成す。

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード
Drei zinnen gross.jpg
トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード(Tre Cime di Lavaredo)北面
標高 2999 m
所在地 イタリアの旗 イタリアヴェネト州トレンティーノ=アルト・アディジェ州
位置 北緯46度37分07秒 東経12度18分20秒 / 北緯46.6186度 東経12.3055度 / 46.6186; 12.3055座標: 北緯46度37分07秒 東経12度18分20秒 / 北緯46.6186度 東経12.3055度 / 46.6186; 12.3055
Tre Cime di Lavaredo
Tre Cime di Lavaredo
Tre Cime di Lavaredo
Tre Cime di Lavaredo (アルプス山脈)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

地理編集

3つのピークは東から、

  1. シーマ・ピッコラ (Cima Piccola) 2857 m
  2. シーマ・グランデ (Cima Grande) 2999 m
  3. シーマ・オーヴェスト (Cima Ovest) 2973 m

と呼ばれる。ドイツ語では、それぞれ、クライネ・チンネ(Kleine Zinne)、グローセ・チンネ(Große Zinne)、ヴェストリッヒェ・チンネ(Westliche Zinne)である。

トレ・チーメは、コルティーナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)の約15km北東、西に向かって流れるリエンツァ川(Rienza)水源の南にある。リエンツァの谷は南北約2km幅、谷の北にはサッソ・ディ・セスト(Sasso di Sesto)、東にモンテ・パテルノイタリア語版(Monte Paterno, 2744 m)がある。

歴史編集

 
シーマ・グランデから見たシーマ・ピッコラ

1869年にPaul Grohmann、Franz Innerkofler、Peter Salcherがシーマ・グランデ、1879年にMichael InnerkoflerとG. Plonerがシーマ・オーヴェストに初登頂した。シーマ・ピッコラを登るのは難しく、1879年に隣接するシーマ・グランデ登攀中にMichael InnerkoflerがEmil Zsigmondyに「羽がなければ登れない」[3]と言ったほどだった。しかし、2年後の1881年にM. Innerkoflerは頂上へのルートを発見、1884年にZsigmondyがシーマ・ピッコラの頂上に初めて立った。

参考文献編集

  1. ^ Parco naturale Tre Cime”. 2018年4月22日閲覧。
  2. ^ Sì a nuova denominazione "Parco naturale Tre Cime"”. 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ Joseph Sanger Davies (1896). Dolomite strongholds: the last untrodden Alpine peaks. London: George Bell and sons. pp. 31-41. 

関連項目編集